フィギュアスケート ジュンファン

ISU Junior Grand Prix Final

ジュニアグランプリファイナル2016

Jr.ショートプログラム・SP

12月8日

23時20分〜0時06分(日本時間)

 

ジュニア男子シングル ショートプログラム・SP

滑走順 23時20分から6分間練習

 

1番滑走 サヴォシン 17歳 ロシア

滑走時間 23時27分

 

2番滑走 スキルダ 14歳 ロシア

滑走時間 23時34分

 

3番滑走 アリエフ 17歳 ロシア

滑走時間 23時40分

 

4番滑走 ジュンファン 15歳 韓国

滑走時間 23時47分

 

5番滑走 サマリン 18歳 ロシア

滑走時間 23時53分

 

6番滑走 クラスノジョン 16歳 アメリカ

滑走時間 24時00分

 

 

ジュンファン Jr.グランプリファイナル 公式ライブスコアはコチラ



スポンサーリンク

 

Jr.グランプリファイナル SPライブ速報▶

フィギュアスケート

ジュニア&グランプリファイナル日程▶

 

 

Jr.グランプリファイナル SPライブ動画中継

 

 

ジュンファン Jr.グランプリファイナル SP動画

SP 71.85




サマリン Jr.グランプリファイナル SP動画

SP 81.37




アリエフ Jr.グランプリファイナル SP動画

SP 81.37




クラスノジョン Jr.グランプリファイナル SP動画

SP 71.48




スキルダ Jr.グランプリファイナル SP動画

SP 68.31




サヴォシン Jr.グランプリファイナル SP動画

SP 72.98




ジュニア男子 グランプリファイナルは

日本選手は出場しません。

 

 

フィギュアスケート

ジュニアグランプリファイナルで注目する選手は

韓国のジュンファンです。

 

 

世界王者のヘルナンデスと

グランプリファイナル4連覇のかかった

羽生結弦選手と同じ

ブライアン・オーサーコーチが教える

 

 

韓国・平昌オリンピックで

3位以内が狙える逸材と言われています。

韓国では「韓国フィギュアの未来」

「平昌の星」と称されています。

 

 

現在はまだ15歳です。

 

男子シングル ジュニアグランプリファイナル 出場者パーソナルベスト

フィギュアスケート ジュンファン

 

 

 

ジュニアグランプリシリーズ2016の

日本大会で出した239.47は

ジュニアグランプリでの史上最高得点で

 

韓国男子シングルの

ショートとフリーでの

最高得点を保持しています。

 

 

男子ジュニアグランプリファイナル2016は

日本の選手が一人も参戦していないので

日本の注目は薄くなりますが

 

 

2018韓国・平昌オリンピックでの

男子フィギュアスケートの地元韓国の地の利で

ジュンファンは脅威にとなる可能性は十分あります。

 

 

ジュニアの男子もロシアの選手が

4枠を確保しているので

ロシアの黄金期が男子にも波がきているかもしれません。

ジュニアグランプリ2016関連記事はコチラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


フィギュアスケート ジュニアグランプリ2016日程

JGP1     フランス大会     8月24(水)〜28(日)

JGP2     チェコ大会     8月31(水)〜9月4(日)

JGP3     日本大会     9月7(水)〜11(日)

JGP4     ロシア大会     9月14(水〜18(日)

JGP5     スロベニア大会     9月21(水〜25(日)

JGP6     エストニア大会     9月28(水)〜10月2(日)

JGP7     ドイツ大会     10月(水)-〜9(日)

フランス JGPF     ジュニアグランプリファイナル 12月8(木)〜11(日)