白岩優奈 フィギュアスケート

ISU JGP フィギュアスケート

ジュニアグランプリシリーズ2016

ロシア大会

2016 9/16 17:00〜

女子シングル・ショートプログラム

 

 

女子SPの滑走順・滑走時間

2016年9月15日 00時00分から抽選がおこなわれます。

発表があり次第掲載します。

第1グループ

3番滑走 岩元こころ 17歳 17時18分

 

第2グループ

7番滑走 コンスタンチノワ 14歳 17時50分

10番滑走 白岩優奈 14歳 18時08分

 

第4グループ

17番滑走 ツルスカヤ 16歳  19時19分

 

 

白岩優奈2連覇中【対ロシア決戦】ジュニアグランプリロシア動画

 

 

JGPロシア大会 女子SP 公式サイト結果はこちら
スポンサーリンク

JGPロシア大会 女子SP公式結果▶

 

 

JGPロシア大会 女子SP 公式ライブ動画

 

 

岩元こころ ショートプログラム 動画

SP 53.05

 

 

 

白岩優奈 ショートプログラム 動画

SP 59.02

 

 

 

コンスタンチノワ ショートプログラム 動画

SP 64.38

 

 

 

ツルスカヤ ショートプログラム 動画

SP 69.02

 

 

ジュニアグランプリ2016も

第1戦 フランス大会

1位 ザギトワ ロシア

2位 坂本花織

3位 新田谷凜

 

第2戦 チェコ大会

1位 グバノワ ロシア

2位 紀平梨花

3位 ロスコ ロシア

 

第3戦 日本大会

1位 坂本花織

2位 本田真凛

3位 山下真瑚

 

 

日本とロシアが1位〜3位までを

取り合っている。

まさに日本VSロシアの対決が

2015年と同様に繰り広げられています。

 

 

日本大会では日本勢が1位〜3位を

独占しました。

 

 

ロシア大会はロシアの地元なので

威信かけても勝ちたいのがロシアです。

 

 

最強の3選手をエントリーしているはずです。

日本も紀平梨花と本田真凛に続いて

同じコーチ、同じ場所で練習している

濱田美栄コーチの弟子。

 

 

白岩優奈も紀平梨花や本田真凛に

負けてはいられません。

2015年はジュニアグランプリで

2大会連続優勝でファイナル進出しました。

 

 

2016年もファイナル出場に大事な大会。

強敵ロシア勢との対戦になります。

 

 

パーソナルベストベストは

紀平梨花の186.80に対して

ツルスカヤは195.28

 

 

でも、これまでのジュニアグランドキャニオン2016の

試合結果を見ると

このくらいの点差はあてになりません。

 

 

ロシアの新鋭のコンスタンチノワと

グバノワも強力な若手で

フランス大会やチェコ大会、日本大会の

ロシア代表よりもロシア国内での評価は高いでしょう。

 

 

白岩優奈は2016年の公式大会初出場。

海外・国際大会はもちろん初登場です。

まだ14歳ですが2015年の経験者なので

実力を出し切って欲しいです。

 

岩元こころ選手は

初のジュニアグランプリ出場ですが

8月に国際大会のアジアントロフィーを経験しています。

岩元こころ選手も実力をだしきり

ロシアの一角を崩して欲しいですね。

 

白岩優奈2連覇中【対ロシア決戦】ジュニアグランプリロシア動画

フィギュアスケート ジュニアグランプリ2016日程

JGP1     フランス大会     8月24(水)〜28(日)

JGP2     チェコ大会     8月31(水)〜9月4(日)

JGP3     日本大会     9月7(水)〜11(日)

JGP4     ロシア大会     9月14(水〜18(日)

JGP5     スロベニア大会     9月21(水〜25(日)

JGP6     エストニア大会     9月28(水)〜10月2(日)

JGP7     ドイツ大会     10月(水)-〜9(日)

フランス JGPF     ジュニアグランプリファイナル 12月8(木)〜11(日)


ジュニアグランプリ2016関連記事はコチラ