フィギアスケートJrグランプリ2016

男子シングル 第2戦 チェコ大会

2016年8/31〜9/3

 

 

フィギュアスケート ジュニアグランプリ2016 第2戦

チェコ大会日本のエントリーは須本光希選手

 

須本光希 15歳 強化選手B

須本光希

2001年2月4日生

大阪府出身

身長163センチ

浪速中・高スケート部

パーソナルベスト

SP 56.35

FS 112.06

トータル 168.44

 

ドミトリー・アリエフ 17歳

須本光希

1999年6月1日生

身長174センチ

パーソナルベスト

SP 80.74

FS 150.33

パーソナルベスト 225.94

 

 

須本光希選手は2015年

ジュニアグランプリ アメリカ大会に

参戦して7位という成績でした。

2016からシニアに変わった山本草太選手が3位でした。

 

 

須本光希選手の2015はジュニアグランプリは

1大会だけのエントリーでしたが

2016は2大会にエントリーします。

 

 

2016年は1月の国民体育大会冬季大会で

3位になっています、

 

2016年シーズンの大会

げんさんサマーカップ2016フィギュアスケート競技会

2016年8月13日~16日

須本光希選手の結果は同門のジュニアグランプリ出場選手

友野一希選手に次いで2位でした。

ジュニアグランプリ三宅星南選手は4位と出遅れたいます。

 

 

チェコ大会にはロシアNo.1ドミトリー・アリエフがエントリー


スポンサーリンク


アリエフは2016ジュニアグランプリに

エントリーしている選手の中で

パーソナルベストが一番高い選手です。

 

 

顔立ちも良く、ハンサムなので人気もあります。

 

 

ジュニアグランプリ2016の

エントリーしている選手で

優勝候補。ファイナル進出できる

選手を予想すると

 

 

アリエフ ロシア 2015ファイナル チェコ大会出場

ジュンファン 韓国 日本大会

樋渡 知樹(ひわたし ともき) アメリカ フランス大会

ヴィンセント・ゾウ(アメリカ) 2015ファイナル 日本大会

サドフスキー(カナダ) 2015ファイナル 日本大会

 

 

上記5選手がパーソナルベストも高く

2015ファイナル経験もあったりして

2016も須本光希選手の

最大のライバルになりそうです。

 

ロシア代表 No.1 アリエフ ジュニア世界選手権 SP動画

 

チェコ大会で須本光希選手が

優勝するには、

ロシアのアリエフに勝利しないといけません。

 

 

チェコ大会には須本光希選手よりも

かなり高いパーソナルベストのライバルが

アメリカのクラスノジョンが PB 194.68

ウクライナのパブロフが PB 195.73

 

 

日本ジュニア男子は、山本草太選手が抜けて

団子状態です。

須本光希選手の爆発に期待します。

 

 

チェコ大会では女子の青木祐奈選手と紀平梨花選手も

エントリーしていますが

2人共に14歳です。

 

 

若い3選手でジュニアグランプリ チェコ大会で

日本旋風を是非、実現して欲しいですね。

ジュニアグランプリ2016男子 ポイント表

※クリックで拡大表示します

フィギュアスケート


フィギュアスケート ジュニアグランプリ2016日程

JGP1     フランス大会     8月24(水)〜28(日)

JGP2     チェコ大会     8月31(水)〜9月4(日)

JGP3     日本大会     9月7(水)〜11(日)

JGP4     ロシア大会     9月14(水〜18(日)

JGP5     スロベニア大会     9月21(水〜25(日)

JGP6     エストニア大会     9月28(水)〜10月2(日)

JGP7     ドイツ大会     10月(水)-〜9(日)

フランス JGPF     ジュニアグランプリファイナル 12月8(木)〜11(日)


ジュニアグランプリ2016関連記事はコチラ