ISU JGP フィギュアスケート

ジュニアグランプリシリーズ2016

ロシア大会

2016 9/16 00:45〜

男子シングル・ショートプログラム

 

 

ジュニアグランプリシリーズ2016

ロシア大会には日本の選手は出場しません。

ロシア代表は

地元なので強豪、スターを揃えているでしょう。

 

 

特に新鋭の

ピョートル・グーメニク14歳には注目です。

ロシア国内のノービスクラスで

4連覇していている選手で

 

2015年は13歳でジュニアグランプリに出場して

ポーランド大会で4位

ラトビア大会で6位でした。

 

グーメニク 2015ジュニアグランプリ ラトビア大会動画

14歳なので2018平昌オリンピックつぎの大会

2022北京オリンピックでは

日本の脅威となる選手でしょう。

 

 

男子SPの滑走順・滑走時間

有力選手

1番滑走 グーメニク 14歳 ロシア 0時51分

8番滑走 サマリン 18歳 ロシア 1時41分

15番滑走  TORGASHEV 15歳 米国 2時45分

 

JGPロシア大会 男子SP 公式サイト結果はこちら

スポンサーリンク

JGPロシア大会 男子SP公式結果▶

 

 

JGPロシア大会 男子SP 公式ライブ動画

 

 

サマリン ショートプログラム 動画

SP 73.34

 

 

ベロラドスキー チェコ 動画

SP 66.31

 

 

TORGASHEV ショートプログラム 動画

SP 65.47

 

ジュニアフィギュアスケートグランプリ ロシア大会 SP結果

フィギュアスケート出典 isuresults.com

 

 

ジュニアグランプリ2016男子 これまでの結果

第1戦 フランス大会

1位 SAVOSIN ロシア

2位 SKIRDA ロシア

3位 島田幸四郎

 

第2戦 チェコ大会

1位 アリエフ ロシア

2位 クラスノジョン アメリカ

3位 SAVOSIN ロシア

 

第3戦 日本大会

1位 ジャンファン 韓国

2位 ゾウ アメリカ

3位 EROKHOV ロシア

 

ジュニアグランプリ2016は

ロシアの強さが女子に続いて

際立っています。

 

 

日本選手は島田幸四郎選手が

フランス大会で3位と健闘していますが

 

2015年の山本草太選手や

2014年の宇野昌磨選手といった

ファイナルでも優勝を期待できる選手が

育ってきていません。

寂しい限りです。

ジュニアグランプリ2016関連記事はコチラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


フィギュアスケート ジュニアグランプリ2016日程

JGP1     フランス大会     8月24(水)〜28(日)

JGP2     チェコ大会     8月31(水)〜9月4(日)

JGP3     日本大会     9月7(水)〜11(日)

JGP4     ロシア大会     9月14(水〜18(日)

JGP5     スロベニア大会     9月21(水〜25(日)

JGP6     エストニア大会     9月28(水)〜10月2(日)

JGP7     ドイツ大会     10月(水)-〜9(日)

フランス JGPF     ジュニアグランプリファイナル 12月8(木)〜11(日)