本田真凜

Japan Junior Figure

Skating Championships

全日本ジュニア選手権大会2016

女子ショート・SP

11月19日 17時〜

女子フリー

11月20日 15時25〜

 

 

全日本ジュニア選手権大会2016が

北海道札幌市 月寒体育館で

11月18日から開催されます。

 

12月8日から開催される

ジュニアグランプリファイナルの

前哨戦にもなる大切な大会です。

 

 

テレビ放送は地上波ではありません。

スカパーのBSフジにて視聴できます。

スカパーの詳細はコチラ→スカパー!

 

テレビ放送は、BSフジ スカパーで視聴できます

全日本ジュニア選手権 フリー

11月20日 17時〜18時55分 生放送

羽生結弦や浅田真央、荒川静香、高橋大輔など、歴代トップスケーター達が、ジュニア時代にこの大会を制してきた。
まさに次世代スターの登竜門!
出場が予想されるのは世界ジュニア女王の本田真凜、ジュニアGPで高難度のトリプルアクセルを成功させ優勝した紀平梨花、ジュニアGPファイナル出場の坂本花織や、ノービスからジュニアデビューの期待の新星・山下真瑚など注目選手がめじろ押し。
ジュニア世代とは思えない高いスケーティング技術に目を奪われる!
将来の日本フィギュアスケート界を背負って立つ、新しいスターの誕生をお見逃しなく!

 

注目は女子シングル

 

西日本ジュニア選手権大会に続いて冬季

2018平昌オリンピックや2022北京オリンピックに

期待の星となる

 

 

本田真凜選手、紀平梨花選手、坂本花織選手の

ジュニアグランプリファイナル出場者

揃い踏みに加えて

 

白岩優奈選手、岩元こころ選手、山下真瑚選手

横井ゆは菜選手、

 

東日本ジュニア選手権大会 ジュニア優勝の

青木祐奈選手が、優勝候補で激突する

シニアよりも面白い大会となっています。

全日本ジュニア選手権:滑走順・結果はコチラ

↓↓↓↓↓↓

スポンサーリンク

女子ショートプログラム 結果▶

 

女子フリースケーティング 結果▶

 

トータル結果▶

 

 

本田まりん 西日本選手権&東日本選手権特集 動画

シード選手 白岩優奈、横井ゆは菜

ノービスからの推薦選手

住吉りをん
岩野桃亜
松岡あかり
河辺愛菜

 

西日本選手権通過選手

坂本花織
本田真凜
紀平梨花
岩元こころ
鈴木沙弥
山下真瑚
竹内すい
滝野莉子
吉田莉菜
笠掛梨乃
藤由妃乃
浦松千聖
加藤日向子
三野真穂
大橋璃子
竹野仁奈
妹尾日菜子
横山翠
民輪恵梨
久保舞和

 

東日本選手権通過選手

松原星
青木祐奈
川畑和愛
三善友奈

 

全日本ジュニア 本田真凜vs紀平梨花 前日練習・展望

 

直近で開催された西日本選手権と

東日本選手権を

トータル得点の多い順番で並べてみました。

 

1位 坂本花織 127.34

2位 本田真凜 120.88

3位 紀平梨花 118.74

4位 白岩優奈 114.75

5位 岩元こころ 110.72

6位 鈴木沙弥  107.65

7位 横井ゆは菜 103.83

8位 青木祐奈 103.11

 

7位までが西日本の選手で

8位に東日本の青木祐奈選手が

ランクインしています。

 

ジュニアグランプリファイナルへ

出場する坂本花織、本田真凜、紀平梨花の

3選手の得点が抜き出ていますね。

 

 

そして気になるのが本田真凜選手が

坂本花織選手に勝てていないところ

 

坂本花織選手と本田真凜選手の

対戦成績はどうなっているのでしょう。

 

 

坂本花織 4勝 vs 本田真凜 1勝

 

2016 西日本選手権

優勝 坂本花織  2位 本田真凜

 

2016年 ジュニアグランプリ 日本大会

優勝 坂本花織  2位 本田真凜

 

2015年 全日本ジュニア選手権

5位 坂本花織  6位 本田真凜

 

アジアフィギュア杯

2位 本田真凜  5位 坂本花織

 

2014 全日本ジュニア選手権

2位 坂本花織  4位 本田真凜

 

 

意外です。本田真凜選手は

坂本花織選手との対戦成績は

1勝4敗ということで

 

本田真凜選手は坂本花織選手が

とても愛称が悪い。

苦手ということが判明しました。

 

 

2016年は西日本選手権とジュニアグランプリ

日本大会では優勝が坂本花織で

2位が本田真凜ということで

坂本花織選手に本田真凜選手は

優勝をさらわれているのです。

 

 

2014年、2015年の全日本ジュニアでも

本田真凜選手は坂本花織選手に負けています。

 

 

今回の全日本ジュニア選手権2016では

なんとしても上位にいって

ジュニアグランプリファイナルに

備えたいところです。

 

相性の悪さを払拭したいですね。

 

 

そして優勝候補のもう一人

紀平梨花選手が絡んできて

まさに三つ巴の戦いとなり

ジュニアグランプリファイナルの

前哨戦

とっても面白い大会になりそうです。

 

本田真凜 全日本ジュニア選手権 SP 報道動画

 

 

男女シングルのショートプログラム(SP)などが行われ、女子はジュニアGPファイナルへ進んだ3選手が激突。今季、同GP日本大会で優勝した坂本花織(16)=神戸ク=が、国際スケート連盟(ISU)非公認大会ながら67・45点の“自己ベスト”を出し首位に立った。

昨季の世界ジュニア女王、本田真凜(15)=関大中=は2位、紀平梨花(14)=関大KFSC=は4位だった。男子は友野一希(18)=浪速高=が71・77点でSP首位に立った。

全日本ジュニアフリースケーティング 結果

全日本ジュニア

全日本ジュニアトータル 結果

フィギュアスケート 本田真凜

 

 

異例の混雑 全日本ジュニア選手権 本田真凜 FS記録動画

 

ジュニアグランプリ2016関連記事はコチラ