浅田真央

ISU GPS Skate America 

2016フィギュアスケートグランプリシリーズ

スケートアメリカ杯

女子シングル

フリースケーティング・FS

10月23日 AM5:00〜

 



ショートプログラムの結果

1位 ワグナー 25歳 アメリカ 69.50

2位 三原舞依 17歳 65.75

3位 ゴールド 21歳 アメリカ 64.87

4位 デールマン 18歳 カナダ 64.49

5位 浅田真央 26歳 64.47

 

フリースケーティング 滑走順 11人滑走

6番滑走 デールマン 早朝6時2分滑走

7番滑走 浅田真央 6時10分滑走

8番滑走 ベル 6時17分滑走

9番滑走 三原舞依 6時25分滑走

10番滑走 ワグナー 6時33分滑走

11番滑走 ゴールド 6時41分滑走

 

 

浅田真央 アメリカ杯 フリー・FS順位はコチラ

↓↓↓↓↓↓

スポンサーリンク

アメリカ杯 女子フリー・FS 公式スコア▶

アメリカ杯 女子トータル・Result 公式スコア▶



 

浅田真央ショート│グランプリ2016アメリカ杯SP動画

浅田真央【強敵揃い】グランプリシリーズ2016アメリカ杯

浅田真央2016初戦【VSトゥクタミシェワ】フィンランディア杯SP

宇野昌磨【万全】グランプリ2016アメリカ杯フリーFS動画

宇野昌磨ショート│グランプリシリーズ2016アメリカ杯SP動画

宇野昌磨グランプリシリーズ2016アメリカ・4回転決戦・動画




デールマン カナダ アメリカ杯 フリー・FS 動画

FS 122.14 トータル 186.63




浅田真央 アメリカ杯 フリー・FS 動画

FS 112.31 トータル 176.78




ベル 米国 アメリカ杯 フリー・FS 動画

FS 130.67 トータル 191.59




三原舞依 アメリカ杯 フリー・FS 動画

FS 123.53 トータル 189.28




ワグナー アメリカ杯 フリー・FS 動画

FS 126.94 トータル 196.44




ゴールド アメリカ杯 フリー・FS

FS 119.35 トータル 184.22




フィギュアスケートグランプリシリーズ2016

アメリカ杯・スケートアメリカ

ショートプログラムでは

浅田真央選手は結果がでず5位発進。

 

 

以前の浅田真央選手もショートプログラムで

出遅れるパターンです。

トップのワグナーとの差は5.03

 

 

いつもの浅田真央選手なら

十分、逆転可能な点差ですが

トリプルアクセルを跳ばない浅田真央ですと

果たして逆転できるかどうか・・・

 

 

12月9日にフランスのマルセイユで

開催されるグランプリファイナルへ

出場できるのは6選手のみ。

 

 

6選手のポイントは 26点なら

ファイナル進出は決定でしょう。

 

1位の15点と3位の11点で26点

 

 

浅田真央選手がグランプリファイナルへ

出場するには、グランプリ アメリカ杯で

3位以上に入らないといけません。

 

 

4位の9点でも優勝の15点と合わせて24点でも

ファイナル進出の可能性は十分にあります。

 

 

しかし、浅田真央選手が

次に出場するグランプリシリーズ

11月12日のフランス杯では

優勝がファイナル出場の条件になります。

 

 

浅田真央選手が次に出場するフランス杯では

ロシアの強豪たち、

レオノワ、メドベージェワ(世界女王)、ソツコワといった

アメリカ杯よりも厳しい相手はまっています。

 

 

できれば浅田真央選手はアメリカ杯で優勝して

フランス杯を3位以上という条件で

ファイナル進出を狙ったほうが

良かったのですが・・・・

 

 

左膝の状態がベストではないので

仕方がありませんね。

 

 

万全ではないアメリカ杯では3位以上を確保して

フランス杯での優勝で

ファイナル進出ですね。

 

 

ショートプログラムでは予想に反して

三原舞依選手が2位と絶好の位置につけています。

フリーでも順調に点数を伸ばしたいです。

 

 

地元ベテランのワグナーが首位となりました。

ワグナーはフリーのパーソナルベストも

142.23で、浅田真央選手の142.71に次ぐ

得点です。

 

 

地元なのでこのまま逃げ切る可能性も高いですね。

ゴールドのフリーのパーソナルベストは137.41です。

 

浅田真央選手のファイナル進出は絶望的

スポンサーリンク

iqausa

 

トータル

1位 ワグナー
2位 ベル
3位 三原舞依
4位 デールマン
5位 ゴールド
6位 浅田真央

フリースケーティング・FSの結果

トータルでアメリカ杯は浅田真央選手は

不本意な6位

 

 

浅田真央選手が獲得したポイントは

5点です。

 

 

ということは、浅田真央選手が出場する

次の大会の11月11からのフランス杯で優勝して15点

5点と15点で合計20点

 

 

20点ではグランプリファイナルへ進出するには

とても厳しい状況です。

 

 

三原舞依選手は9点を獲得しました。

三原舞依選手の次の大会は11月18からの中国杯になります。

 

 

中国杯にはアメリカ杯で優勝のワグナー

日本の本郷理華

ロシアのラジオノワ

トゥクタミシェワがエントリーしています。

 

 

いずれも強豪ですが

三原舞依選手にはファイナル目指して

頑張って欲しいですね。

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第1戦のスケートアメリカで6位に終わった浅田真央(26)=中京大=が23日、エキシビションに出場。会場で取材に応じ次戦のフランス杯(11月11~13日)で3回転半ジャンプ(トリプルアクセル)を解禁する意向を示した。

左ひざ痛の影響で調整が遅れた今季は代名詞のトリプルアクセルを回避してきた。今大会開幕前は「全日本選手権では入れたい」と話していたが、1か月半前倒しする。

「昨日の夜もいろいろ考えたけど、やっていくしかないなと。次のフランス杯ではアクセルと3―3を入れるくらいの勢いでいかないと。自分の以前やっていたレベルまで持って行くことをフランス杯までにやっていきたい。フランス大会で私は何も落とすものがないので」と気持ちを奮い立たせた。

浅田真央ショート│グランプリ2016アメリカ杯SP動画

浅田真央【強敵揃い】グランプリシリーズ2016アメリカ杯

浅田真央2016初戦【VSトゥクタミシェワ】フィンランディア杯SP

宇野昌磨【万全】グランプリ2016アメリカ杯フリーFS動画

宇野昌磨ショート│グランプリシリーズ2016アメリカ杯SP動画

宇野昌磨グランプリシリーズ2016アメリカ・4回転決戦・動画

 

フィギュアスケート グランプリシリーズ2016 日程

第1回 スケートアメリカ2016 10月21日~23日

  • 男子:村上大介 宇野昌磨
  • 女子:浅田真央 三原舞依 村上佳菜子



第2回 スケートカナダ2016 10月28日~30日

  • 男子:羽生結弦 無良崇人
  • 女子:本郷理華 宮原知子 永井優香

 



第3回 ロステレコムカップ2016 11月4日~6日



第4回 トロフィーフランス2016 11月11日~13日



第5回 中国杯 11月18日~20日



第6回 NHK杯 2016 11月25日~27日



ISUグランプリファイナル2016(GPF) 12月8日~1日

開催地:フランス・マルセイユ


グランプリシリーズ2016関連記事はコチラ