浅田真央 フィギュアスケート

ISU GPS Trophée de France

フィギュアスケート グランプリシリーズ2016
フランス杯

女子シングル ショートプログラム・SP
11月12日 AM4時40分〜



滑走順・滑走時間 12人滑走

2番滑走 メドベージェワ 16歳 ロシア PBSP 76.24

滑走時間 4時54分

 

4番滑走 浅田真央 26歳 PBSP 78.66

滑走時間 5時07分

 

5番滑走 レオノワ 25歳 ロシア PBSP 68.11

滑走時間 5時13分

 

9番滑走 ソツコワ 16歳 ロシア PBSP 64.78

滑走時間 5時47分

 

11番滑走 永井優香 17歳 PBSP 63.55

滑走時間 6時00分

 

12番滑走 樋口新葉 15歳  PBSP 61.27

滑走時間 6時06分




浅田真央&樋口新葉 フランス杯 公式順位はコチラ

↓↓↓↓↓↓

スポンサーリンク

ISU  GPS フランス杯 ショートSP公式スコア

 

フィギュアスケートグランプリ2016フランス杯フリーFS動画

フィギュアスケート【グランプリフランス杯フリー】浅田&樋口動画

スケートグランプリ2016フランス杯フェルナンデスSP動画




メドベージェワ フランス杯 ショート動画

SP 78.52




浅田真央選手 フランス杯 ショート動画

SP 61.29




デールマン フランス杯 ショート動画

SP 72.70




ソツコワ フランス杯 ショート動画

SP 68.71




樋口新葉 フランス杯 ショート動画

SP 65.02




フィギュアスケート グランプリシリーズ2016

フランス杯で後半戦の4戦目になります。

 

 

フランス杯では、アメリカ杯で優勝し

ポイント15点の世界女王ロシアの

メドベージェワが2戦目のエントリーです。

 

 

メドベージェワは3位 11点以上でファイナル進出確定です

圧倒的に強いのでフランス杯でも優勝して2連勝

15点、合計30点 でパーフェクトで

ファイナル出場を決める可能性が高いです。

 

 

ロシア勢の25歳 ベテランのレオノワは

2016/2017シーズンは

9月のスロバキア・オンドレイネペラ杯で7位

10月のフランス・ニース杯で5位

ロシア勢の中では

力の衰えが目立ってきている選手です。

 

 

ソツコワは2016からシニアに初参戦になります。

2015ジュニアでは

ジュニアグランプリ・ラトビアで優勝

ジュニアグランプリ・オーストリアで優勝

ジュニアグランプリファイナルで2位

という輝かしい成績でした。

 

 

2016も

3月のジュニア世界選手権で本田真凛に次ぐ2位

シニア初戦の

9月のスロバキア・オンドレイネペラ杯で優勝

大会に強い選手です。

 

 

日本勢では

アメリカ杯でトリプルアクセルを封印していた

浅田真央選手が意地で3回転半を跳んで

優勝するのに期待がかかります。

 

 

ですが、浅田真央選手は

フランス杯で優勝しても

20点にしかならないので

ファイナル進出にはとても厳しい点数となります。

 

 

そして初登場するのが15歳の樋口新葉選手です。

浅田真央選手に続いてエースの宮原知子選手が

カナダ杯で3位と低迷したので

若い樋口新葉選手に日本中の

フィギュアスケートファンの注目が集まります。

 

 

樋口新葉選手は2016シーズンは

絶好調でスタートしています。

そして10月に開催された

ジャパンオープンで女王メドベージェワと対戦

 

 

結果は

メドベージェワ 147.07

樋口新葉 116.99と

惨敗でした。

 

 

樋口新葉選手は2015年のグランプリシリーズは

ジュニアでの参戦でしたから

2016からシニアのグランプリシリーズに

本格参戦になります。

 

 

Jr 樋口新葉 0勝 vs メドベージェワ 3勝

★2015 Jr世界選手権

優勝メドベージェワ 192.97  3位 樋口新葉 185.57

★2014 Jrグランプリファイナル

優勝メドベージェワ 190.89  3位 樋口新葉 178.09

★2014 Jrグランプリ チェコ大会

優勝メドベージェワ 171.12  2位 樋口新葉 169.68

 

 

樋口新葉選手がシニアに上がって

トータルでメドベージェワと対戦するのは初です。

 

面白くなりそうです。

 

 

そして、ロシアのシニア初参戦のソツコワ16歳

ジュニア時代には樋口新葉選手との対戦は?

 

 

樋口新葉 2勝 vs Jr ソツコワ 2勝

★2016 Jr世界選手権

2位 ソツコワ 188.72  3位 樋口新葉 183.73

★2015 Jrグランプリ オーストリア

優勝 ソツコワ 185.44  5位 樋口新葉 156.79

★2015 Jr世界選手権

3位 樋口新葉 185.57  5位 ソツコワ 169.04

★2014 Jrグランプリファイナル

3位 樋口新葉 178.09  4位 ソツコワ 175.99

 

新人とベテラン。

新旧交代か?

フランス杯は強豪のぶつかり合い。

 

 

樋口新葉選手は2大会目の

日本大会・NHK杯で宮原知子選手や

ロシア勢・ポゴリラヤ、ソツコワ、レオノワとの

対戦があります・

 

 

ファイナル進出のため

2位以上はフランス杯で決めたいので

ショート・SPでミスなく

ジェットの如く決めたいですね。

 

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第4戦、フランス杯が11日にフランスのパリで開幕、女子ショートプログラムで浅田真央(26=中京大)は61・29点で8位と出遅れた。

トリプルアクセルを回避した浅田は大きなミスこそなかったものの、演技に精彩を欠いて得点が伸びなかった。それでも「今の状態でまとめられてホっとしています。いろんなところで(氷に)引っかかって、自分でもビックリした。いいジャンプをイメージして、それだけを考えて、あとはまとめられたら、と思っていた」と話し、フリーに向け「エレメンツ重視で、ジャンプを1つ1つ丁寧に跳ぶことに集中したい」と前を向いた。

GP初出場の樋口新葉(15=東京・日本橋女学館高)が65・02点で5位と健闘。永井優香(17=東京・駒場学園高)は52・41点で12人中12位と振るわなかった。スケート・カナダを制した世界女王エフゲニア・メドベージェワ(16=ロシア)が78・52点をマークして首位に立った。

 

フィギュアスケートグランプリ2016フランス杯フリーFS動画

フィギュアスケート【グランプリフランス杯フリー】浅田&樋口動画

スケートグランプリ2016フランス杯フェルナンデスSP動画

 

フィギュアスケート グランプリシリーズ2016 日程

第1回 スケートアメリカ2016 10月21日~23日

  • 男子:村上大介 宇野昌磨
  • 女子:浅田真央 三原舞依 村上佳菜子



第2回 スケートカナダ2016 10月28日~30日

  • 男子:羽生結弦 無良崇人
  • 女子:本郷理華 宮原知子 永井優香

 



第3回 ロステレコムカップ2016 11月4日~6日



第4回 トロフィーフランス2016 11月11日~13日



第5回 中国杯 11月18日~20日



第6回 NHK杯 2016 11月25日~27日



ISUグランプリファイナル2016(GPF) 12月8日~1日

開催地:フランス・マルセイユ

グランプリシリーズ2016関連記事はコチラ