フィギュアスケート グランプリシリーズ2016

第1回 アメリカ大会(スケートアメリカ)

2016年10月21日~23日

出場者

 

  • 男子:村上大介 宇野昌磨
  • 女子:浅田真央 三原舞依 村上佳菜子

 

2015年にシニアデビューした宇野昌磨選手は

期待通りの活躍でした。

 

2014年のジュニアの頃には

ジュニアグランプリ日本大会 2位

ジュニアグランプリ クロアチア大会 優勝

ジュニアグランプリファイナル 優勝

2015年 世界ジュニアフィギュアスケート選手権 優勝

 

という

輝かしい活躍は羽生結弦選手をも凌ぐ活躍でした。

 

 

2015年のシニアデビューでは

フィギュアスケート グランプリシリーズ

アメリカ大会 2位

フランス大会 優勝

グランプリファイナル 3位

全日本選手権 2位

で、これまた

17歳の若さで大活躍しました。

 

はやくも実現 4回転決戦【宇野昌磨 VS 金博洋】

スポンサーリンク

 

宇野昌磨くんの最大の武器は

2種類の4回転ジャンプ

フリップとトウループと6種類のトリプルジャンプ

全て跳ぶことができます。

 

 

2016年の現在では4回転ジャンプの

ループも練習中で公式練習中には

着氷に成功している。

 

 

4回転フィリップもISU公認大会史上初

成功しています。

 

ジャンプの技術力に加えて

宇野昌磨くんの表現力は定評があります。

宇野昌磨くんが見せる あの技、何だと思いますか?

調べました。

 

クリムキンイーグルという技

宇野昌磨

出典 Yahoo!

 

イリヤ・クリムキン(ロシア)の選手が

考えた変形イーグル

背中を折り曲げて滑るスタイルは

宇野昌磨くんの18番となっていますね。

 

フィギュアスケート グランプリシリーズ2016

アメリカ大会は

2015年は初のシニアのグランプリシリーズながら

2位という好成績でした。

優勝したのはアメリカのマックス・アーロン選手

 

2016年はマックス・アーロンはアメリカ大会には

出場しません。

 

マックス・アーロンはロシア大会と中国大会に

エントリーしています。

前年優勝者が地元のアメリカ大会に出場しなくて

2016年の地元アメリカ代表は

ジェイソン・ブラウン 21歳と

アダム・リッポン 26歳が出場します、

 

 

地元アメリカ勢は宇野昌磨選手には

やはり強力なライバルになるでしょう。

 

4回転決戦の次世代ライバル対決

金博洋・ボーヤンジンのベスト4回転 動画

↓↓↓↓↓

 

フィギュアスケート グランプリシリーズ2016

アメリカ大会の優勝候補は

宇野昌磨と地元アメリカのジェイソン・ブラウン

そして最大の敵となるのが

中国の金博洋・ボーヤン・ジンです。

 

金博洋・ボーヤン・ジンは、ジュニアの頃から

宇野昌磨とは好敵手で

数々の対戦があります。

 

1対1の対戦ではもちろんありませんが

優勝争いをしています。

 

宇野昌磨が優勝のときは金博洋・ボーヤン・ジンは2位

金博洋・ボーヤン・ジンが優勝のときは

宇野昌磨が2位になるといった感じです。

 

フィギュアスケート グランプリシリーズ2016

アメリカ大会でも

宇野昌磨と金博洋・ボーヤン・ジンが

優勝争いを高得点で競い合うのが

予測できます。

 

 

金博洋・ボーヤン・ジンの強みは

宇野昌磨と同じように4回転ジャンプ。

 

2016年の4大陸選手権では

ISU公式戦でなんと、4回の4回転ジャンプを

決めるという離れ業を成功しています。

 

金博洋・ボーヤン・ジンは爆発力があるのです。

 

 

グランプリシリーズ2016 動画の関連記事はコチラ

浅田真央│グランプリシリーズ2016アメリカ杯【強敵揃い】

羽生結弦グランプリシリーズ2016カナダ杯は一騎打ち・動画

 

グランプリシリーズ2016

アメリカ大会 有力選手パーソナルベスト

宇野昌磨 18歳 特別強化選手

1997年12月17日生 

愛知県名古屋市出身

身長159センチ

中京大学

コーチ:山田満知子

振付師 樋口美穂子

パーソナルベスト

ショートプログラム 92.99

フリースケーティング 190.32

トータルスコア 276.79

 

 

村上大介 25歳 特別強化選手

1991年1月15日生

身長 165センチ

陽進堂

コーチ:フランク・キャロル 元コーチ:長久保裕

振付師:ローリー・ニコル

パーソナルベスト

ショートプログラム 83.47

フリースケーティング 173.61

トータルスコア 256.47

 

 

ジェイソン・ブラウン 21歳(アメリカ)

1994年12月15日生

ショートプログラム 86.48

フリースケーティング 176.69

トータルスコア 263.17

 

 

金博洋・ボーヤン・ジン 18歳(中国)

1997年10月3日生

ショートプログラム 98.45

フリースケーティング 191.38

トータルスコア 289.83

 

グランプリシリーズ2016関連記事はコチラ