スポンサーリンク

四大陸選手権2017 女子シングル

誰が三原舞依選手の優勝を予想していたでしょうか?

 

 

日本女子シングルのエースは浅田真央が不在の中、

宮原知子選手でしたが故障で

急遽、控えの本郷理華選手が出場

三原舞依

本郷理華、樋口新葉、三原舞依選手代表となったわけですが

この時点で日本のエースは樋口新葉選手という感覚でした。

 

高校2年生のシンデレラ 三原舞依誕生!

 

樋口新葉選手はシニア代表2年目で

2015/2016シーズンの活躍から

期待されていましたが2016/2017シーズンは

勢いが止まった感じはしていました。

 

 

本郷理華選手も2016/2017シーズンは

際立った成績を残していないので

国際大会になると伸び悩みが感じられました。

 

 

NHKの三原舞依選手の優勝報道ニュース動画

https://twitter.com/yuzuru1207hanyu/status/832944991546728449

 

 

 

 

朝日新聞映像報道部 三原舞依選手の画像

 

 

 

三原舞依選手はシニア参戦の初年度

まだ、高校2年生なので

実績をつむ、経験をつむ大会が

四大陸選手権2017ではなかったかと・・

 

 

そう、樋口新葉、本郷理華、三原舞依の3選手の中で

一番、期待していなかった選手が

三原舞依選手だったのではと思います。

 

 

ところがフタを開けてみると樋口新葉選手は

エースの期待の重圧からか

ミスがつづき前期の迫力が影を薄めて

 

 

本郷理華選手は調子は上がらず、フリーでは

フェンスに激突するというハプニングまでありました。

 

 

そんななか、完璧な演技でミスなくパーソナルベストを更新して

見事、高校2年生で優勝してしまったのが

三原舞依選手でした。

 

 

表彰式では韓国の伝説のキム・ヨナさんに

花束を授与されて感極まったことでしょう。

 

 

ツイッターでも多くの報道動画がUPされ配信されていたので

ピックアップして紹介します。

 

 

3月の世界選手権に向けて

新しい日本のエース

シンデレラの誕生です。

 

 

日経新聞 写真部・映像報道部の三原舞依選手の画像

 

 

 

 

 

 

 

韓国の伝説 キム・ヨナ 三原舞依選手へ花束贈呈

 

 

 

https://twitter.com/yumikikuha/status/832950882257956874



スポンサーリンク

 

 



スポンサーリンク