スポンサーリンク

四大陸選手権2017女子シングルで

注目する選手が登場です。

 

日本選手に新たな強敵出現です。

 

メドベージェワやソツコワ、ザギトワ、ポゴリラヤの

ロシア勢とたくましいスケーティングの

デールマン、オズモンドのカナダ勢に加えて

 

カザフスタンのトゥルシンバエワが急接近

樋口新葉&本郷理華&三原舞依【四大陸選手権SP滑走順】動画

日本代表選手、樋口新葉、本郷理華、三原舞依を

追い抜いていく感じがします。

 

 

彗星のように登場したトゥルシンバエワ

これはヤバイと

トゥルシンバエワを調べてみると・・・

 

 

注目するのは四大陸選手権ショートプログラムで

3位につけている

ウズベキスタンのトゥルシンバエワ選手

 

トゥルシンバエワ 四大陸選手権2017 FS動画

 

 

2016年 グランプリシリーズNHK杯では両手を上げて飛んでいません

 

 

ショートプログラムの演技では

ロシアのザギトワが使っている

両手を上げてジャンプする技

 

 

「タノジャンプ」と呼んだりするそうですが

それと同じ技をトゥルシンバエワが

ショートプログラムでは見事に使いこなしていました。

 

トゥルシンバエワ ブライアン・オーサー

 

それもそのはずです。

両手を上げてジャンプする技は

なんと、トゥルシンバエワのコーチ

 

 

「ブライアン・オーサー」が

カリガリーオリンピックの時に

対決したアメリカのブライアン・ボイタノが

初めて取り入れたジャンプなのです。

 

 

フリースケーティングの動画しかYouTubeにはありませんが

両手を上げてジャンプして転倒しています。

ショートプログラムでは見事に成功していましたが

まだ見についてはいないようです。

 

 

このタノジャンプがトゥルシンバエワが物にしたら

日本シニア勢には

恐ろしい存在になるでしょう。

 

 

ブライアン・オーサーは羽生結弦のコーチ

ブライアン・オーサーといえば

そう、羽生結弦選手やヘルナンデス、

韓国のジュニア、ジュンファンのコーチで

世界フィギュアスケートの殿堂入りもしています。

女子はジュニア世代が

本田真凛選手を中心に

坂本花織選手、白岩優奈選手、紀平梨花選手等

2022北京オリンピックに向けて順調に育ってます。

 

 

ところがシニア世代はどうでしょう。

宮原知子選手が故障で欠場すると

エース不在となり

ガタガタと崩れてしまっている

 

 

層の薄さを感じてしまったのは

私だけでしょうか?



スポンサーリンク