ザギトワ 紀平梨花

オンドレイ・ネペラ トロフィー2018
女子SP 9/20 20時〜
女子FS 9/22 19時〜

ザギトワVS紀平梨花が激突!



スポンサーリンク

ザギトワVS紀平梨花 SP・FS動画 ライブ放送

2017年のこの大会では地上波テレビ放送はありません。2018年も予定にはないのですが、2017年はユーチューブによるライブ放送がありました。

放送が発表され次第、こちらに掲載します。期待したいところです。滑走時間は日本で視聴には丁度いい時間帯です。

※追記、ザギトワの不出場が決定しました。ケガではありません。空港にてザギトワの訪問した文書に不備があったので出場できません。必要書類がすぐに発行できないので、残念ながらザギトワは欠場です。ザギトワはグランプリシリーズ第3戦ヘルシンキ大会には、ぶっつけ本番の出場になります。

9/22 女子FS 紀平梨花 動画




紀平梨花 FS・フリースケーティング

11番滑走 コンスタンチノワ SP 65.03 滑走時間 22時06分

15番滑走 紀平梨花 SP 70.09 滑走時間 22時39分

FS公式スコア▶

 

フリー結果

紀平梨花の圧勝でした。

紀平梨花はトリプルアクセル・3回転半を2回成功です!

紀平梨花 2018 動画 トータル結果

紀平梨花

紀平梨花 2018 動画 フリー結果

紀平梨花

女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位の紀平梨花(16)=関大KFSC=は、フリーも1位の147・37点、合計218・16点で、シニアデビュー戦にして衝撃の初優勝を飾った。

フリーはトム・ディクソン氏振り付けの「ビューティフル・ストーム」。紀平自身が「雷の音や波の音があって、地球の誕生というテーマ」と話していた、エネルギッシュな曲だ。冒頭で大技トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)-3回転トーループの連続ジャンプを着氷。続く2度目のトリプルアクセルも降りて見せた。

その後も指先まで気持ちのこもった演技で観衆を魅了。最後の3回転サルコーで着氷が乱れたが、大きなミスなく演じ切り、演技後は両手で小さくガッツポーズした。得点を確認すると、両手でバンザイ。田村岳斗コーチとともに拍手し、満面の笑顔を見せた。

紀平がマークしたフリーの147・37点は、今季世界最高得点。今季から新ルールとなったため過去の記録はリセットされたが、平昌五輪で宮原知子(関大)がマークした日本女子最高の146・44点も上回った。

9/20 女子SP 紀平梨花 動画 SP1位 70.09

○番滑走 ○時○分 ザギトワ 欠場

13番滑走 21時48分 紀平梨花 16歳 PSベスト 66.82

14番滑走 21時54分 ツルスカヤ 17歳 PSベスト 70.04

SPの結果

ショートプログラムの結果、紀平梨花のSP70.79でした。メドベージェワのオータムクラシックでの得点70.98に肉薄しています。新しい採点方法では紀平梨花に有利か?

9/22 女子FS滑走時間

11番滑走 22時06分 コンスタンチノワ 18歳 SP 65.03

12番滑走 22時13分 トゥルシンバエワ 18歳 SP 69.99

13番滑走 22時21分 ツルスカヤ 17歳 SP 54.36

15番滑走 22時36分 紀平梨花 16歳 SP 70.79

 

2017年大会 ユーチューブライブ放送はコチラ

ライブスコア▶

平昌オリンピック女王のザギトワが出場する大会。2018/2019シーズのISU公認チャレンジャー大会です。ザギトワにとって公式大会初戦です。グランプリシリーズへのウォーミングアップになります。

平昌オリンピック後のフィギュアスケート世界選手権ではボロボロの演技で観客から悲鳴が出るほどでした。16歳の少女にとって、その影響は残っているのでしょうか?気になるところです。日本からは女子国際大会シニア初参戦となるザギトワと同じ16歳の紀平梨花が参戦します。

紀平梨花の代名詞にもなっている4回転ジャンプは今季は封印すしてトリプルアクセルに専念するとのこと。もはや4回転を跳ぶ女子は少なくありません。いまはトリプルアクセルでも紀平梨花の4回転は必須となってくるでしょう。気になるシニア初参戦は強敵ザギトワです。

 

日本のファンも多いザギトワ。復活なるか?



スポンサーリンク

超美人のザギトワなので当サイトでも多くの方が記事を見ていてくれてます。羽生結弦選手、本田真凜選手に次ぐアクセス数ですね。平昌オリンピック後には日本のテレビ、新聞、雑誌も多くの取材攻撃をしたようで、世界選手権には練習する時間はほとんどなかったということです。

世界選手権は本当に可愛そうでしたね。2018シーズン開幕には強いザギトワが復活しているかどうか?今回のオンドレイ・ネペラ トロフィー2018の結果でわかります。

ザギトワファンとしては圧倒的な強さでの復活期待ですね。




紀平梨花はトリプルアクセルの精度を上げられるのか?

 

日本からはシニアに初参戦する紀平梨花が登場します。2017/2018シーズンではジュニアグランプリファイナルで4位。ジュニア世界選手権では8位となり、本田真凜から引き継いだメダルには届きませんでした。

可愛さではザギトワに引けをとらないくらい可愛くなってますので、あとは3回転半ジャンプの精度です。2017年は同門の先輩、本田真凜もジュニアからシニアへの初参戦で、グランプリシリーズでは思うような結果はでませんでした。

紀平梨花には北京オリンピックまでには完璧に4回転を跳ぶという目標があります。まずはトリプルアクセルの精度はどうなのか?オンドレイ・ネペラ トロフィー2018で要チェックです。

紀平梨花ちゃん 4Tは練習で何度も降りてるけど3Aに集中するため回避 初めて生で3A降りたのを見たときとき、感動しました…
高さも幅も流れもあって、綺麗でした。

靴を変えてジャンプが上手く跳ぶなくなっても、ショーでは何度も跳び続けていました。 練習通り滑れば大丈夫。 応援しています。