スポンサーリンク

羽生結弦

羽生結弦2018【初戦オータムクラシック】

SP・FSライブ動画放送

オータムクラシック2018 カナダ

女子SP 9/21 朝6時3分

男子SP 9/22 深夜2時13分〜

女子FS 9/22 朝6時14分

男子FS 9/23 深夜1時28分〜

羽生結弦選手のシーズンデビュー戦・新プログラム披露はオータムクラシック・カナダ2018で今年で4年連続で4回目となります。例年ですと、ライブ生放送がインターネットを通して視聴できます。

地上波テレビ放送は毎年のようにライブ生放送は予定されていません。

テレ朝チャンネルで録画放送が 

ショートプログラム 9月22日(土)  15時00分~16時00分という短い間で放送予定です。

フリースケーティング 9月23日(日)  12時00分~13時00分にて放送されます。

地上波出ないとダメ!生放送のライブしかダメ!という方には、安心してください。

羽生結弦2018 オータムクラシック FS動画 公式サイト



スポンサーリンク

男子FS・フリースケーティング 滑走時間・滑走順

9月23日 男子FS 深夜1時28分〜

16番滑走 羽生結弦 SP 97.74 滑走時間 深夜3時57分

17番滑走 チャ・ジュンファン SP 90.56 深夜4時05分

18番滑走 ジェイソン・ブラウン SP 88.90 早朝4時12分

羽生結弦 オータム・クラシック 公式スコア

羽生結弦

羽生結弦は2位 1位はチャ・ジュンファン フリースケーティング結果

羽生結弦

<フィギュアスケート:オータムクラシック>◇22日◇カナダ・オークビル◇男子フリー

SPで首位発進した羽生結弦(23=ANA)が、フリーで165・91点、合計263・65点で優勝した。

新たなフリーは憧れのエフゲニー・プルシェンコ氏の代表作「ニジンスキーに捧ぐ」の曲を土台にした「Origin(オリジン)」。黒のシックな衣装で登場した羽生は冒頭の4回転ループ、続く4回転トーループを着氷。だが、中盤の4回転サルコーで転倒。4回転トーループが2回転にとどまるなどジャンプの精彩を欠き、得点は伸びなかった。荒々しいステップが織り込まれたハードなプログラムを息をきらしながら滑りきると、悔しそうな表情をみせた。

試合後には「単に体がまだこのプログラムについていっていない感じがします。これがまだ自分の実力。実力以上のものは演技でないと思いますし、この悔しさをしっかり感じながら次戦に向けてがんばっていきたい」と冷静に振り返った。

男子SP 羽生結弦 動画 滑走時間 2時間10分頃 公式サイト

ショートプログラム・SP滑走時間

9/22 滑走時間 深夜2時13分〜

6番滑走 ケヴィン・レイノルズ カナダ

7番滑走 ジェイソン・ブラウン アメリカ

13番滑走 チャ・ジュンファン 韓国

15番滑走 羽生結弦 滑走時間 早朝4時13分

 

ショートプログラム結果羽生結弦

羽生結弦 練習動画 1時間27分頃 公式サイト

フリースケーティング・FS滑走時間

9/23 滑走時間 深夜1時28分〜

○番滑走 羽生結弦

○番滑走 ジェイソン・ブラウン アメリカ

○番滑走 チャ・ジュンファン 韓国

○番滑走 ケヴィン・レイノルズ カナダ

公式サイト ライブスコア▶



スポンサーリンク

樋口新葉 フリースケーティング動画 3時間10分頃 公式サイト

フリースケーティング 滑走順

19番滑走 樋口新葉 SP57.54 4位

21番滑走 メドベージェワ SP70.98 1位

優勝はなんと、アメリカのブレイディ・テネル

メドベージェワは2位でした。

1位 ブレイディ・テネル アメリカ 206.41

2位 メドベージェワ ロシア 204.89

5位 樋口新葉 167.41

公式サイト リザルト▶

 

樋口新葉 ショートプログラム動画 2時間23分頃から 公式サイト

9/20 17番滑走 SP滑走時間 朝8時22分

公式サイト 女子sp詳細▶

女子SPの結果 樋口新葉は4位

1位 メドベージェワ 70.98

樋口新葉

9/22 女子フリースケーティング

19番滑走 樋口新葉

21番滑走 メドベージェワ

 

羽生結弦選手、新プログラムで挑む2018年初戦オータムクラシック

平昌五輪で冬季五輪2連覇を成し遂げたフィギュアスケートの羽生結弦選手が2018-2019年シーズンの初戦として、カナダのオークビルで行なわれる「オータムクラシックインターナショナル2018」に出場します。

「自分のために滑ろう」と決めた今季、羽生結弦選手は子供の頃からの憧れであった選手にゆかりのある楽曲を使用します。

ショートプログラムでは、ジョニー・ウィアーにゆかりのある「秋によせて」を、フリープログラムではエフゲニー・プルシェンコにゆかりのある「Origin」を使用します。

また、二人には曲の使用を相談し快諾を得たようです。こだわりの強い羽生選手ならではの楽曲の選択から新プログラムに期待がかかります。

特にプルシェンコの演技は伝説的名演技と言われるほどのものであり、これが羽生選手の手によってどのような変化を遂げて我々に披露してくれるのか大いに期待がかかります。

オリンピック2連覇という偉業を成し遂げた羽生選手が新しい自身の在り方をファンへと伝えるため、原点である「スケートを楽しむ」という姿をどのようにプログラムで表してくれるのかとても楽しみです。

新たなシーズンでも羽生選手が氷の上で華麗に舞う姿を多くのファンが待ち望んでいることは間違えないでしょう。

羽生結弦

オリンピック2連覇を成し遂げた羽生結弦選手。オリンピックを終え、新たなスタート



スポンサーリンク

オリンピック2連覇を成し遂げた羽生選手。オリンピックを終え、新たなスタートきった羽生選手は新プログラムとしてかつて羽生選手が憧れたプルシェンコ選手が使っていた曲のアレンジということで、注目も集まっています。

羽生選手の演技は長い手足から繰り出される技が、滑らか且つキレがあり、力強さがあるのが特徴で、一言でいうなら「美しい」ですね。

プルシェンコ選手もバレエの要素をフィギュアスケートに取り入れていたということで、羽生選手もバレエの要素を取り入れた練習を重視しているのではとされています。

バレエの要素ということで、長い手足、滑らかでキレのある羽生結弦選手にはピッタリだと思います。また、羽生選手はこれに加え、さらに多くの人を魅了するポイントを出してくることを期待しています。

オリンピック2連覇を達成し、新たなスタートをきった羽生選手は、プレッシャーからも解放され、原点に戻ったり、様々なチャレンジをしてくるでしょう。

この域になった羽生選手は、もはや無敵といえるのではないか・・・また、羽生結弦選手は4回転アクセルにもチャレンジしたいという話もありました。4回転アクセルとは4回転半ですね。凄い!

いまだ世界で誰も成功していない4回転アクセルを成功させることができるのは羽生選手だけだでしょう。

羽生結弦

 




羽生結弦選手の2018年初戦・オータムクラシックに期待するファンの声が届いています



スポンサーリンク

原点回帰して新たなステージをスタートさせる羽生選手に期待!

感動の平昌オリンピックから7カ月。羽生選手の新しいプログラムが2018年初戦のオータムクラシックで見られるとあって、今から試合を楽しみにしています。

2月のオリンピックのフリーを現地で観戦しましたが、本当に力を出しつくした!といった様子でしたので、もしかしたら2018ー2019シーズンは治療も兼ねて、お休みする可能性もあるのかなぁと思っていました。

なので、まずは今シーズンも競技会に出場する彼を見ることができて嬉しいです!羽生選手ありがとう!

そして、発表になった今シーズンの曲を知り、興奮しました!

まず、originはあの羽生選手憧れのプルシェンコがかつて使用し、伝説となった曲。そして、もう1曲も羽生選手が憧れてきたジョニー・ウィアーが、かつて使用した曲。

この選曲に、彼のスケートへの情熱は偉業を達成しても衰えることはないんだなぁ、羽生選手って改めてスゴい選手だなぁと思いました。

1度自身のルーツ、スケートを始めた頃のまっさらな自分に立ち返るという姿に、スケートに真摯に向かう彼の決意や、羽生結弦伝説新章スタートの気配を感じました。

そして、プログラムの構成も、新ルール下でどのようなものになっているのか気になります。

報道や、先日公開された練習映像からみると、ジャンプ数が減ったり、フリーの時間短縮を受けてか、技と技の繋ぎが更に磨きがかっていたように思います。

時間短縮になっても、プログラムの重厚さを保つためや、より高得点付与が可能になった出来映え点のためでしょうか?

果たして、初戦でどのような演技を披露してくれて、どのような採点となるのか、試合が待ちきれません!羽生選手の新たなステージのスタートに注目しています。

羽生結弦

羽生結弦選手の感動の演技を初戦オータムクラシックから期待です

前回のオリンピックは買い物中に車に戻り、駐車場で車のモニターにしがみつきながら、生中継で親子一緒に羽生結弦選手の応援をしたのを覚えています。

身ぶり手振りを交えながら無我夢中で応援していたので、端から見たら何事?と思われたかもしれませんが(笑)怪我をしているにも関わらず、足の痛さも感じさせないあの堂々とした素晴らしい滑りに驚きました。

怪我なんてしていないかのような力強い演技力を見て、鳥肌がたったのを覚えています。

足の怪我に負けることなく見事、金メダルが決まったらあの瞬間!!車内で頑張れ頑張れー!!と叫びながら、あの素晴らしいスケート姿を見て、感動して思わず涙が溢れ出てきました。

その後のニュースや再放送を何度見ても感動が止まりませんでした!!

もうすぐ始まるオータムクラシックでは、シーズン初戦ということでどのような滑りを見せてくれるのかわくわくしています。

新しい演目の新プログラムには敬愛するスケーターたちへのリスペクトが込められているということで、また新しい1面も見れるのかなと期待もしています。

けど1番はやっぱり、羽生結弦選手が楽しみながら滑っている姿が見たいです。演技後に見れるかもしれないキリッとした表情から笑顔になる瞬間を見るのも楽しみです。

羽生結弦選手へ、感動を再びお願いします。

感動を再びお願いします。そんな言葉を思わず掛けしまうようになったのはソチオリンピックの羽生結弦選手の演技を、見てしまったからです。

あの迫力、会場、テレビの向こう側でさえも全員を羽生選手に釘付けにさせてしまいました。

華やかさと力強さを、兼ね備えた王子様は今までいたでしょうか。

日本人では女子はトップが見えるところにいけても、男子では羽生選手のような手足の長い王子様のような方は存在しないと思っていました。

しかし、存在どころ確固とした位置まで築いてしまいました。金メダル連敗を掴んだ時ほ王子様の顔も王者の顔にもなっていました。しかも、謙虚さも持ち合わせていていいようがありません。

ケガと闘ったり、厳しい練習に努力したり、そしてそれを結果に繋げているのを見てると私も頑張ろと羽生選手を応援しているのに励まされているような気持ちになります。

次はジャンプも4回転半とか言われたりしていますが、羽生選手らしい演技がみたいので技術も加点ですが、ケガをしないように頑張ってほしいです。また、テレビの向こう側で日本中を興奮させて下さい。

羽生選手の美しい演技に期待しています。日本中の期待を背負いながも楽しんでフィギュアをしてください。