全中・全国中学校フィギュアスケート競技2017

●男子 ショートプログラム

2月6日 14:45- 17:55

●男子 フリースケーティング

2月7日 09:30- 12:15

島田高志郎

2017 全中 男子 主な選手 滑走順

5番滑走 木科雄登 金光学園 (岡山県)

6番滑走 壷井達也 岡崎竜海 (愛知県)

10番滑走 島田高志郎 就実 (岡山県)

14番滑走 長谷川一輝 札幌真駒内 (北海道)

21番滑走 三宅星南 矢掛  (岡山県)

 



スポンサーリンク

2017全中・全国中学生フィギュアスケート 男子結果はコチラ


SP・男子ショート▶



フリースケーティング 得点詳細▶



 

本田真凛vs白岩優奈【全中】全国中学校フィギュアスケート競技

本田真凛&鈴木沙弥&紀平梨花【超豪華】全国中学生スケート大会

 

島田高志郎選手は3月15〜19に台北で開催の

2017ジュニア世界選手権へ向けて

全中・中学チャンピオンとなって出場したいところです。

 

 

島田高志郎選手は3年生になるので

最後の全中です。

 

2016年、2年生で臨んだ全中では

惜しくも2位という成績でした。

 

 

全国中学校フィギュアスケートの近年では

2008年から2010年は 羽生結弦 3連覇

2011年から2013年は 宇野昌磨 3連覇

2014年、2015年は 山本草太 2連覇

 

 

全中 全国中学校フィギュアスケートでは

近年はモンスター中学生の出現で

独壇場になっていて、優勝した勢いで

ジュニア世界選手権へ出場していた感じです。

 

 

2013年の宇野昌磨 VS 山本草太は

ジュニアグランプリでも熾烈な対決をしていて

男子ジュニアは今の女子ジュニアのように

将来の希望に満ちた大会でした。

 

 

2017年 ジュニア世界選手権へ向けて

島田高志郎選手には

念願の中学生 日本一を獲得して欲しいですね。

 

 

2016 第36回全国中学校スケート大会 男子結果

1 山隈太一朗 芦屋国際  (兵庫県) 190.76
2 島田高志郎 就実 (岡山県) 189.00
3 三宅星南 矢掛  (岡山県) 165.83
4 木科雄登 金光学園 (岡山県) 165.78
5 須本光希 誠風 (大阪府) 164.20
6 壷井達也 岡崎竜海 (愛知県) 152.95

 

 

2015 第35回全国中学校スケート大会 男子結果

1 山本草太 港北 (愛知県) 230.41
2 三宅星南 岡輝 (岡山県) 159.21
3 山隈太一朗 芦屋国際  (兵庫県)  158.02
4 西山真瑚 落合第二 (東京都) 152.65
5 須本光希 誠風 (大阪府) 142.77
6 木科雄登 金光学園 (岡山県) 139.42

 

2014年 優勝 山本草太

2013年 優勝 宇野昌磨 2位 山本草太

2012年 優勝 宇野昌磨

2011年 優勝 宇野昌磨

2010年 優勝 羽生結弦

2009年 優勝 羽生結弦

2008年 優勝 Aクラス 羽生結弦 Bクラス 和田由惟

 

 

本田真凛vs白岩優奈【全中】全国中学校フィギュアスケート競技

本田真凛&鈴木沙弥&紀平梨花【超豪華】全国中学生スケート大会

 

男子SP、世界ジュニア代表の島田高志郎(岡山・就実)は首位発進も、冒頭の連続3回転ジャンプで手をつくミスが出た。

昨年は2位だっただけに「タイトルという言葉がちらついた」と重圧があった様子。「スピードを出せずにジャンプに入ってしまった」と悔やんだ。「フリーは無になってやりたい」と自身の演技に集中して臨む。

引用:デイリースポーツ

 

 

追記:全中・フリースケーティング男子

ショートプログラムの結果

1位 島田高志郎

2位 木科雄登

3位 壷井達也

4位 本田ルーカス剛史

5位 三宅星南

 

3月のジュニア世界選手権代表の

島田高志郎選手が実力でショートプログラムは1位

 

島田高志郎出典:Japan Skating Federation Official

 

 

島田高志郎選手は

全中・全国中学校フィギュアスケート大会で初優勝して

ジュニアフィギュアスケート世界選手権に

弾みをつけたいところです。