紀平梨花

World Junior Figure Skating

Championships

フィギュアスケート世界ジュニア選手権

2018.03.05 – 2018.03.11

ソフィア (ブルガリア)

ジュニア世界選手権女子シングル

ショートプログラム・SP 滑走順

2018年3月9日(金)18時15分〜深夜1時

 

※滑走順の抽選は3月9日 深夜0時15分〜

なんと、48選手がエントリーしています。

 

紀平梨花│世界ジュニア選手権2018ショート・SP動画速報

女子ショート 3月9日 18時15分〜

 

紀平梨花 世界ジュニア ショート・SP滑走順・時間

第6グループ

27番滑走 横井ゆは菜 滑走時間 22時19分

 

第8グループ

41番滑走 紀平梨花 滑走時間 深夜0時20分

 

第9グループ

44番滑走 山下真瑚 滑走時間 深夜1時2分

 

紀平梨花│世界ジュニア2018フリー動画・ライブ放送▶

紀平梨花│世界ジュニア2018フリー・FS動画速報・滑走順

紀平梨花│フィギュアスケート世界ジュニア選手権2018

男子sp公式サイト リザルト▶

女子ショート・SP ライブ速報 公式サイト▶

 

 

日本代表の女子はエースの紀平梨花選手、山下真瑚選手、横井ゆは菜選手の

3選手でフィギュアスケート世界ジュニア選手権は

初出場になります。

 

山下真瑚選手と横井ゆは菜選手は名古屋代表ですね。

横井ゆは菜選手は17歳、本郷理華選手と同じで引退した長久保裕コーチで

山下真瑚選手は15歳で宇野昌磨選手と同じ山田満知子、樋口美穂子コーチです。

 

そして紀平梨花選手15歳は、宮原知子選手や本田真凜選手と同じ

濱田美栄、田村岳斗コーチということで関西代表ですね。

 

シニア女子は宮原知子、本田真凜、坂本花織選手は関西なので

名古屋は存在感を薄くしていましたが

ジュニアで巻き返したいところです。

 

紀平梨花

2014年のソチオリンピック後に開催された

フィギュアスケート世界ジュニア選手権では

ロシアが表彰台・メダルを独占しました。

 

しかし、その後、樋口新葉選手と本田真凜選手が登場して

表彰台はロシアvs日本 となっています。

 

表彰台に上がっている樋口新葉、本田真凜、坂本花織選手はシニアに転向

ロシアのメダリストであるメドベージェワやザギトワも

シニアに転向しているので2018年の今年の

フィギュアスケート世界ジュニア選手権は

どの選手が優勝しても初優勝になります。

 

世界ジュニア選手権2018  優勝候補は? 日本VSロシア

世界ジュニア

2018フィギュアスケート世界ジュニア選手権の

優勝候補は誰?

 

日本vsロシアに変わりはないと思いますが

韓国のイム・ウンスも表彰台争いに参加してくるでしょう。

 

ロシアの3選手のうちのコストルナヤとトゥルソワはなんと

メドベージェワとザギトワと同じコーチの

エテリ・トゥトベリーゼです。

 

恐ろしいことです。

紀平梨花選手は宮原知子、本田真凜と同じ濱田美栄コーチなので

ジュニアでもコーチ対決となります。

 

メドベージェワとザギトワという美人が優勝してしまうロシアですが

今回もコストルナヤに注目です。

紀平梨花

 

メドベージェワ→ザギトワにに続く美人候補です。

ロシアはやばすぎですね。

 

ジュニアは紀平梨花選手が4回転を跳ぶので

2016年の本田真凜選手の優勝の再現も期待できます。

2017年ジュニアグランプリファイナルのリベンジです。

 

そして可愛さ、美人対決でも紀平梨花はロシア勢に勝っています。

 



スポンサーリンク