World Junior Figure Skating

Championships

フィギュアスケート世界ジュニア選手権

女子フリー 2018.03.10 23時〜

ソフィア (ブルガリア)

紀平梨花



ジュニア世界選手権女子シングル

フリースケーティング・FS 滑走順

2018年3月10日(土)23時00分〜

 

 

紀平梨花│世界ジュニア2018フリー・FS動画速報・滑走順

紀平梨花 世界ジュニア フリー・FS滑走順・時間

第3グループ

17番滑走 横井ゆは菜 滑走時間 深夜1時34分

 

第4グループ

21番滑走 紀平梨花 滑走時間 深夜2時12分

22番滑走 トルソワ 滑走時間 深夜2時20分

23番滑走 山下真瑚 滑走時間 深夜2時27分

24番滑走 コストルニア 滑走時間 深夜2時35分

平梨花│世界ジュニア2018フリー動画・ライブ放送▶※終了しました

 

 

 

 ショートプログラム(SP)首位で13歳のアレクサンドラ・トルソワ(ロシア)が衝撃的な演技で初優勝を飾った。

フリー153・49点を記録し、シニアを含めて世界歴代5位の合計225・52点をマーク。国際スケート連盟(ISU)公認大会で、女子では安藤美姫以来となる4回転サルコーと、女子史上初の4回転トーループに成功。同じプログラムで2度の4回転ジャンプを決めたのも、女子では初めての快挙となった。

平昌五輪(ピョンチャンオリンピック)金メダリストのザギトワ、銀メダリストのメドベージェワと同門の13歳が、世界の歴史を変えた。冒頭の4回転サルコーは2・00点(満点は3点)の加点を導く好ジャンプ。さらに続く4回転トーループを女子では世界で初めて成功させ(加点は0・57点)、流れに乗った。演技後半には高難度のルッツ-ループの連続3回転を成功させるなどノーミスの演技を披露。リンクを出るとコーチのねぎらいを受けながら、あどけない表情で笑顔を見せた。

 

紀平梨花 フリー公式ライブスコア▶

紀平梨花│世界ジュニア選手権2018ショート・SP動画速報

 

 

フィギュアスケート世界ジュニア女子SPの結果

1位 トルソワ 72.03

2位 コストルニア 71.63

3位 山下真瑚 66.79

4位 紀平梨花 63.74

ロシアの次世代、トルソワとコストルニアが

1位と2位になり、2017年のジュニアグランプリファイナルと

再現となるのか?

 

紀平梨花選手か山下真瑚選手が逆転で優勝するのか?

今後のフィギュアスケート女子を占うにも大事なフリーFSとなります。

 

パーソナルベスト 有力選手一覧

世界ジュニア

紀平梨花選手には切り札の4回転があるので

山下真瑚選手のフリーのパーソナルベスト121.41と比べると

フリーのパーソナルベストは128.31と高く

 

紀平梨花選手が山下真瑚選手を抜く可能性は高いのですが

1位トルソワと2位コストルニアを抜くには

パーソナルベストだけで検証すると難しくなります。

 

紀平梨花│フィギュアスケート世界ジュニア選手権2018

女子フリー・FS ライブ速報 公式サイト▶

 

日本代表の女子はエースの紀平梨花選手、山下真瑚選手、横井ゆは菜選手の

3選手でフィギュアスケート世界ジュニア選手権は

初出場になります。

紀平梨花│世界ジュニア選手権2018ショート・SP動画速報

本田真凛ちゃんをポチッとお願いしま〜す
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村