スポンサーリンク

– ISU GP Helsinki 2018 –

フィギュアスケート

グランプリシリーズ2018

フィンランド大会・ヘルシンキ

  • 女子SP 11月2日 23時54分〜
  • 女子FS 11月3日 0時30分〜

11/3 深夜0時30〜女子フリー・FS滑走順/時間



スポンサーリンク

1番滑走/時間 本郷理華/0時37分

5番滑走/時間 坂本花織/深夜1時8分

7番滑走/時間 コンスタンチノワ/深夜1時32分

9番滑走/時間 ザギトワ/深夜1時47分

10番滑走/時間 白岩優奈/1時55分

11番滑走/時間 ヘンドリックス/2時3分

 

坂本花織 フィンランド FS動画 140.16 2位 トータル3位

 

ザギトワ フィンランド FS動画 146.39 1位

 

 

11/2 23時54〜女子ショート・SP滑走順/時間



スポンサーリンク

第2グループ

6番滑走/時間 本郷理華 22歳/0時41分

7番滑走/時間  白岩優奈 16歳/0時48分

8番滑走/時間  ヘンドリックス 18歳 ベルギー/0時54分

9番滑走/時間  ザギトワ 16歳 ロシア/深夜1時1分

10番滑走/時間  坂本花織 18歳/深夜1時7分

11番滑走/時間  コンスタンチノワ 18歳 ロシア/深夜1時14分

 

白岩優奈 グランプリフィンランド SP動画

ザギトワ グランプリフィンランド SP動画



スポンサーリンク




フィギュアスケートGS2018フィンランド大会・女子シングル展望



スポンサーリンク

フィギュアスケートグランプリシリーズ2018も早くも中盤戦の第3戦

フィンランド大会・ヘルシンキが開催されます。

グランプリシリーズは合計6大会で競い、上位6選手だけが12月6日にカナダで開催される

グランプリファイナルへ出場できます。

 

ヘルシンキ大会の女子シングルには、平昌オリンピック金メダルのザギトワが、2018グランプリシリーズに初登場します。間違いなく優勝候補ですね。

日本女子では本郷理華、白岩優奈、そして坂本花織選手が出場します。

フィンランド大会ヘルシンキの優勝候補は、ベストスコアから考えると

ザギトワ ロシア SP79.93 トータル238.93

坂本花織 SP71.29 トータル213.90

ヘンドリックス ベルギー SP71.50 トータル204.16

以上の3選手ですが、ヘンドリックスは、初戦のスケートアメリカで10位となりファイナルへの進出はフィンランド大会で優勝しても不可能です。

坂本花織選手は、スケートアメリカで、宮原選手に次ぐ2位の213.90でした。フィンランド大会でファイナル進出を確定させるにはザギトワを抑えて、優勝すること。または、2位でも他の選手の成績によってはファイナルへ進出できます。

3位ですとファイナル進出は、かなり難しいですね。

 

ザギトワ選手は身長が伸びて苦労していましたが、9月26日のネーベルホルン杯で238.43で、優勝し、10月6日のジャパンオープンでも好成績でした。

世界選手権での惨敗から見事、復帰しているのでフィンランド大会でも優勝候補ナンバーワンとなります。

坂本花織選手も好調です。最低でも2位で、ファイナル進出のため、ザギトワを倒して優勝することに期待します。