羽生結弦 国別対抗戦

ISU World Team Trophy 
国別対抗戦フィギュア2017

【後半戦 フリー決戦】


4/21(金)

  • 17:25〜 アイスダンスFD
  • 19:00〜 男子FS 地上波テレビ放送 20時00分〜

4/22(土)

  • 15:15〜 ペアFS
  • 16:50〜 女子FS 地上波テレビ放送 18時57分〜

国別対抗戦2017 データで見る フリー 勝利の系譜



スポンサーリンク




国別対抗 後半戦 ショート・滑走順 公式サイト▶



国別対抗戦フィギュア2017 後半戦

フリー対決になります。

 

日本では男子シングルの羽生結弦選手と宇野昌磨選手が

世界選手権に続いてフリーでも、1位、2位を独占するのか・・・

気になるところです。

 

前半戦を終了して パーソナルベストでのシミュレーションは

アイスダンス+女子SP+男子SP+ペア 合計

1位 ロシア 57点

2位 日本 52点

3位 アメリカ 52点

4位 カナダ 45点

5位 中国 33点

6位 フランス 31点

 

日本がアメリカと同点で2位につけています。

フリーの結果ではどうなるのでしょう?

時系列でチャックしてみます。

 

4/21 17:25〜アイスダンス パーソナルベスト FD得点

国別対抗戦

 

フリーのアイスダンスです。村中・リード組は僅差ですから頑張ってください。

アイスダンス ショート 得点
  • 1位 アメリカ 12点
  • 2位 ロシア 11点
  • 3位 カナダ 10点
  • 4位 中国 9点
  • 5位 フランス 8点
  • 6位 日本 7点

 

前半戦のフリーの点数を合算した総合計点は

1位 ロシア 68点
2位 アメリカ 64点
3位 日本 59点
4位 カナダ 55点
5位 中国 42点
6位 フランス 39点

 

日本は苦手のアイスダンスで3位へ後退しました。

 

 

4/21 19:00〜 男子シングル パーソナルベスト フリー・FS得点

国別対抗戦

男子シングル パーソナルベストでのフリースケーティング・FS で

全選手が最高の演技をした結果予想をしてみると、

男子フリースケーティング・FS 順位・得点
  • 1位 羽生結弦 12点
  • 2位 宇野昌磨 11点
  • 3位 金博洋 中国 10点
  • 4位 ネイサン・チェン アメリカ 9点
  • 5位 パトリック・チャン カナダ 8点
  • 6位 ブラウン アメリカ 7点
この結果 男子フリースケーティングでの各国の得点は



スポンサーリンク




  • 1位 日本 23点
  • 2位 アメリカ 16点
  • 3位 カナダ 12点
  • 4位 ロシア 11点
  • 5位 中国 11点
  • 6位 フランス 5点

 

アイスダンス+女子SP+男子SP+ペアSP+アイスダンスFD+男子FS 合計
  • 1位 日本 82点
  • 2位 アメリカ 80点
  • 3位 ロシア 79点
  • 4位 カナダ 67点
  • 5位 中国 53点
  • 6位 フランス 44点

 

日本は男子、羽生結弦、宇野昌磨選手の活躍で

逆転して首位にたちました。

しかし、

アメリカとの点差は2点、ロシアとの点差は3点しかありません

 

 

4/22 15:15〜 ペア パーソナルベスト FS得点

国別対抗戦

ペア フリースケーティング 得点
  • 1位 ロシア 12点
  • 2位 フランス 11点
  • 3位 カナダ 10点
  • 4位 中国 9点
  • 5位 日本 8点
  • 6位 アメリカ 7点
アイスダンス+女子SP+男子SP+ペアSP+アイスダンスFD+男子FS+ペアFS 合計
  • 1位 ロシア 91点
  • 2位 日本 90点
  • 3位 アメリカ 87点
  • 4位 カナダ 77点
  • 5位 中国 62点
  • 6位 フランス 55点

 

1位のロシアと2位 日本の差は1点差ですが

最終決戦はロシアが一番の得意とする

女子 フリースケーティングです。

日本の三原舞依、樋口新葉がアメリカに勝てば

2位 銀メダルの可能性 大です。

 

 

4/22 16:50〜 女子フリースケーティング パーソナルベスト FS得点

国別対抗戦

女子フリースケーティング パーソナルベスト・FS 順位・得点
  • 1位 メドベージェワ ロシア 12点
  • 2位 ワグナー アメリカ 11点
  • 3位 デールマン カナダ 10点
  • 4位 ラジオノワ ロシア 9点
  • 5位 三原舞依 日本 8点
  • 6位 樋口新葉 日本 7点
この結果 女子フリースケーティングでの各国の得点は
  • 1位 ロシア 21点
  • 2位 アメリカ 17点
  • 3位 日本 15点
  • 4位 カナダ 13点
  • 5位 中国 6点
  • 6位 フランス 6点

 

総合点 パーソナルベストでの 国別対抗戦 結果シミュレーション

アイスダンス+女子SP+男子SP+ペアSP+アイスダンスFD+男子FS+ペアFS+女子S 合計
  • 1位 ロシア 112点
  • 2位 日本 105点
  • 3位 アメリカ 104点
  • 4位 カナダ 90点
  • 5位 中国 68点
  • 6位 フランス 61点

 

日本は総合点で 105点で2位

優勝 ロシア 112点

3位 アメリカ 104点

 

日本とアメリカは例年どおり僅差で

順位争いをします。

 

勝利の系譜は、

◎羽生結弦選手と宇野昌磨選手が

ショートとフリーで1位、2位を独占する

◎三原舞依選手と樋口新葉選手が地の利で、パーソナルベストを出す

◎ペアで須藤/オデが、アメリカの上位に行くこと

 

この条件が達成できれば

日本は国別対抗戦2017で、銀メダル獲得

2018ピョンチャンオリンピックでも

銀メダル以上は可能。

 

ソチオリンピックではメダルに届きませんでした。

団体戦でもメダルが期待できます。

国別対抗フィギュア2017羽生結弦【勝利の系譜】前半SP決戦

 

追記:国別対抗戦の結果

日本は、なんと優勝しました。

 

国別対抗戦出典:isu

 

私の勝利の系譜以上の成績でした。

シングル女子のフリースケーティングで

三原舞依選手が146.17の

パーソナルベストを大きく上回り2位

樋口新葉選手も145.30で

パーソナルベストを大きく上回り3位

 

高順位で得点を21点、獲得しました。

 

ロシアのメドベージェワは

歴代最高点の160.46でしたが

ラジオノワが5位となり

日本に最終得点で差がついて

日本が優勝となりました。

 

 

 

羽生結弦ファン必読バイブル

チーム・ブライアン 300点伝説

チーム・ブライアン

本田真凛ちゃんをポチッとお願いしま〜す
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村