三原舞依

ISU World Team Trophy 
国別対抗戦フィギュア2017

【前半戦 ショート女子SP】

4/20(木)16:35〜 女子SP 

※地上波テレビ放送の予定はありません

 
 

女子SP滑走順・滑走時間

  • 6番滑走 樋口新葉 SPPB 65.87 17時15分
  • 7番滑走 三原舞依 SPPB 68.48 17時29分
  • 8番滑走 カレン・チェン アメリカ SPPB 69.98 17時35分
  • 9番滑走 デールマン カナダ SPPB 72.7 17時42分
  • 10番滑走 ラジオノワ ロシア SPPB 71.93 17時48分
  • 11番滑走 ワグナー アメリカ SPPB 73.16 17時55分
  • 12番滑走 メドベージェワ ロシア SPPB 79.21 18時01分


 

国別対抗戦2017 公式ライブ速報・スコア



スポンサーリンク

女子ショート・滑走順 速報 ISU公式サイト▶

 


 

三原舞依 国別対抗戦フィギュア2017 SP動画

SP 72.10



樋口新葉 国別対抗戦フィギュア2017 SP動画

SP 71.41



メドベージェワ 国別対抗戦フィギュア2017 SP動画

SP 80.85



デールマン 国別対抗戦フィギュア2017 SP動画

SP 71.74



カレン・チャン 国別対抗戦フィギュア2017 SP動画

SP 60.33



ワグナー 国別対抗戦フィギュア2017 SP動画

SP 70.75



ラジオノワ 国別対抗戦フィギュア2017 SP動画

SP 72.21



女子シングル ショート・SP PBランキング

三原舞依

国別対抗フィギュア2017羽生結弦【勝利の系譜】前半SP決戦

 

シンデレラは次のステップへ、フィギュアスケート三原舞依選手



スポンサーリンク

三原舞依選手は、シニア一年目の今シーズンに

大きく飛躍して、結果を残してきました。



一番印象深かったのは、

今年に入っての四大陸選手権で完璧な演技で優勝したこと。

シニア一年目で、初出場の大きな試合で、

ノーミスの演技を連発する三原舞依選手に驚き、

感動をたくさんもらったのです。


三原舞依選手は、清楚な雰囲気で、和風な美人顔で、

可憐な17歳の高校生です。

色白の肌にツヤツヤのセミロングのヘアが、

三原舞依選手のかわいらしさをさらに引き立てています。




その清楚な雰囲気の外見とは違い、試合に臨む気持ちはいつも強気で、

試合前のインタビューでは、三原舞依選手はいつも、

ノーミスの良い演技をする、と言い切るのです。


三原舞依選手の強い気持ち、

日本代表としての強い責任感を感じて、胸が熱くなるのです。


三原舞依選手は、スピードのあるなめらかな素晴らしいスケーティング、

そのスピードが落ちないままでとぶ美しいジャンプなど、

技術的に高い評価を得ています。



そのように、美しい流れの中でジャンプをとぶので、

演技で表現している三原舞依選手の世界にひたって

競技を見ることができるのです。



それで、三原舞依選手の演技は、余計に感動するのです。



また三原舞依選手は、日ごろから、仕草や立ち居振る舞いなども

美しくするように心がけているそうです。



それで、三原舞依選手は、

ノーミスで演技が終わったあとの喜び方もかわいくて、

可憐で、私たちの心をわしづかみにしてしまうのです。



フリープログラムがノーミスで

素晴らしい演技だったときには、

三原舞依選手は、フィニッシュした場所で

くるんくるんと周りながら、

手のひらを胸元に握りしめて、喜びを表します。



その姿はまさにシンデレラのようにかわいらしく、愛らしく、

三原舞依選手のまわりには花びらが

舞っているような華やかさがあります。



あのポーズが見たいということもあり、

三原舞依選手の良い演技を願っているのです。

しかし、強くて可憐な四大陸チャンピオンも、

先日の世界選手権では、初めての失敗を経験しました。



ショートプログラムの最後の三回転ジャンプで転倒してしまったのです。



三原舞依選手の得意なジャンプで、

練習でも失敗したことがないということでしたが、

初出場の世界選手権で緊張や不安があったようで、

うまくいきませんでした。



それで、三原舞依選手は、ショートプログラムで

15位になってしまいました。



その事態に大変なショックを受けたと思いますが、

そこで三原舞依選手は、ずっと憧れてきた

浅田真央選手のソチオリンピックの

フリープログラムの演技の動画を見たそうです。



それで、自分も真央ちゃんのような演技がしたいと改めて思い、

真央ちゃんから勇気をもらったのです。



そしてのぞんだフリープログラムで、また完璧にシンデレラを演じ切り、

一気に順位を上げて、5位で世界選手権をしめくくりました。



それは本当に、あのソチオリンピックの

浅田真央さんの感動を

再び再現したかのようなことになりました。



そのように、三原舞依選手は、

私たちに多くの感動や驚き、

心温まる話を与えてくれるのです。



ドラマチックなストーリーをつくっていく、

本当にシンデレラのような三原舞依選手が、

国別対抗戦でもきっと良い演技を見せてくれる。



初めての団体戦だと思うので、

尊敬する羽生選手とともに戦う喜びも味わい、

楽しみながらまた成長してくれるのだと思って、応援しています。



そして、今回はショートプログラムもノーミスで決めてくださいね。

 

本田真凛ちゃんをポチッとお願いしま〜す
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村