ピョンチャンオリンピックのプレ大会として

位置づけの韓国での四大陸選手権に

羽生結弦選手が仁川国際空港に到着すると

日本と韓国の羽生結弦ファン100人が集結して

声援の嵐が飛びました。

 

羽生結弦

 

その後、韓国ピョンチャンオリンピック会場での

公式練習には練習では集まったことのない

200人の観衆が集まり異例の公式練習が開始。



スポンサーリンク

 

ピョンチャンオリンピック会場には韓国、日本のファンだけではなく中国ファンも集結

 

 

「Yuzuru 加油」ゆづるがんばれ という中国語の垂れ幕もあり

中国ファンも多く会場にいたようです。

 

 

羽生結弦選手の16日の公式練習では

ピョンチャンオリンピック会場の客席や

リンク脇の壁がブルーで統一、基本とされていて

 

 

ブルーと言えば羽生結弦カラーとして

最適・似合うと言われている色

限りなく透明に近い蒼 で

 

 

ピョンチャンオリンピック会場は優勝したソチオリンピック会場に似ている

羽生結弦出典 聯合ニュース

 

温度調節も滑りやすく氷の状態も良好なのを確認して

羽生結弦選手には滑りやすいリンクです。

 

 

羽生結弦選手が4回転サルコー、トリプルループの

コンビネーションジャンプを成功させると会場からは

歓声があがりました。

 

 

日本の羽生結弦選手に次ぐ2番手

宇野昌磨選手はピョンチャンオリンピック会場での

初めての滑走練習では

 

 

羽生結弦選手がリンクについて感想を話したのに対して

宇野昌磨選手は「特に普通。何も特別な思いはない」と

淡々

 

 

もともと細かいことにはこだわらない性格の

宇野昌磨選手は平常心

「周りの景色を気にしたこともないし、氷の軟らかい硬いも分からない」

 

大物ぶりの受け答えの宇野昌磨選手にも

期待がかかります。