スポンサーリンク

樋口新葉 三原舞依

World Figure Skating Championships
フィギュアスケート世界選手権

2017.03.29 – 2017.04.02

2017年3月29日からついに今シーズンの集大成である、

フィギュアスケート世界選手権が開幕します。

フィギュアスケート世界最高峰の大会が世界選手権

この大会は、世界最高峰の価値のある大会ですが、

今大会は来年、2018年2月に行われれる、

ピョンチャンオリンピックの日本選手勢が

何人オリンピックに派遣できるかの大事な

「枠とり」を兼ねた試合でもあるのです。

女子の日本代表選手は、三原舞依選手、樋口新葉選手、

そして宮原知子選手の怪我での欠場で、

急遽出場が決まった本郷理華選手です。

ピョンチャンオリンピックの各国出場枠を決めるルールはとは?

上位2選手の順位の合計が13以下なら3枠

13以上なら2枠となるのですが、

ファンとして明らかに言えることは、

宮原選手の欠場は非常に痛い、ということです。

 

https://twitter.com/maca_6_2/status/843758726007803905

宮原知子選手の欠場が相当痛いというのは

もうフィギュアスケートファンなら

誰しもが思ったことでしょう。

しかしながら、

辛くて大きな決断をした宮原知子選手自身が

一番悔しい思いをしているのは明らかです。

ファンとしては、気持ちを切り替えて、

今回出場する女子3選手に注目し、

一生懸命応援したいところです。

浅田真央選手は今回の世界選手権には出場しません。

日本の女子フィギュアは、浅田真央選手を中心に

長年ずっと世界のトップを走ってきました。

浅田真央選手のことを思うと

彼女の長年のファンとしては、

目頭が熱くなるほどの思いが込み上げてくるのですが、

今回浅田真央選手は残念ながら世界選手権には出場しません。

そして今回は新しい世代の”新星”と言われる3選手が、

世界の競合を相手に挑むことになります。

世界のトップ選手と争うための鍵となるのが、

個人的には樋口新葉選手だと予想しています。

彼女は、日本3選手の中で、

一番の爆発力と底力のある選手だと思っています。

https://twitter.com/RyuseMakiz/status/844126579865206784

ジャンプが決まれば、

おそらく彼女が3選手の中で

一番PCSを稼げる選手でしょう。

パーフェクトな演技をした場合は、

シーズンベスト、自己ベストを

大きく更新する可能性を秘めているのが樋口新葉選手です。

現在、樋口新葉選手の公式の

自己ベストは、194点台。

まだ200点越えはしていませんが、

演技の出来次第では

樋口新葉選手は200点は越えてくると見ています。

もちろんショートとフリーを

そろえる必要がありますので、

樋口新葉選手の場合、負けん気が強いのですが、

じつは意外とあがり症で波が激しいイメージがあります。

ここは何としてもショートフリーともに

ミスのないパーフェクトな演技をして、

自己ベストを更新してもらいたいと思っています。

三原舞依選手には再び200点超えを!

次に、三原舞依選手は、

全日本選手権3位、

四大陸選手権での優勝から勢いに乗っている選手です。

まさに今シーズンの新星は彼女ではないでしょうか。

難病での入院から復帰した三原舞依選手。

いまだに薬を飲みながらの出場だと言いますね。

三原舞依選手もこのままの勢いで、

ミスのない演技をした場合は、再び200点は

もちろん超えてくるでしょう。

自己ベストを更新、ということも大いにありえます。

そして、本郷理華選手は、

出場が急遽決まったということもあり、

調整不足が心配なところですが、

去年おととしと彼女は世界選手権の

6位と8位という入賞経験者です。

他の若い2人は、世界選手権初出場ですが、

本郷理華選手は今回で世界選手権は、連続3回目の出場

https://twitter.com/noenoe28/status/843883093836484608

ここは、経験を武器に、

本来の本郷選手の実力を発揮してもらいたい、

と思っています。

ですが、正直なところ、

今シーズンの本郷選手は、

従来の実力を出し切れていません。

ジャンプをミスしたり、さされたりといまいち去年や

おととしのような爆発力に欠けていて、

本人も苦しんでいるシーズンだと思います。

枠取りという、

大変大きな重圧がのしかかる大事な大会。

どうか気負いせず、のびのびとした演技をすることで、

実力を出し切ってもらいたい、

ファンとしてはそう願っています。