スポンサーリンク

本郷理華

 

フィギュアスケート王国・愛知は今・・・



スポンサーリンク

男子シングルは宇野昌磨選手が支えていますが

 

 

女子はシングルの現状は・・・

浅田真央選手が引退して

牽引者は本郷理華選手に託されました。

 

本郷理華選手は2017/2018シーズンは

体調万全で望んで欲しいです。

 

2017年12月には

グランプリファイナルが名古屋の

日本ガイシホールで開催されます。

 

グランプリファイナル女子代表として本郷理華選手にはなって欲しい

浅田真央選手を失った名古屋人の気持ちでしょう。

 

フィギュアスケートの本郷理華選手は

テレビでその姿を初めて見たときに、

スラリと伸びた手脚、整った顔、

とてもきれいな子がでてきたなという印象でした。

 

 

伊藤みどりさんから始まり、

荒川静香さん、浅田真央さんなど

それぞれ魅力がある選手が多く、

 

 

フィギュアスケートが放映されるとテレビで必ず

チェックするようになってきて、

技の名前やそれぞれの選手の強みなどを見ることが

楽しくて仕方がありませんでした。

 

 

そんなある日、

リンクに立った姿が美しい選手を見つけました。

それが本郷理華選手。

 

滑る前からなんだか目をひいて、

少しドキドキしながら滑りを

見守ったことを覚えています。

 

https://twitter.com/savarrin/status/851183189997404160

 

最初の印象はやはり当時のトップ選手たちと比べると

荒削りでしたが、それがまた

将来を楽しみにさせる期待となり、

その後、インターネットで色々と調べてみると、

 

なんと私の地元の近く、

名古屋市の邦和スポーツランド出身とのことで

一気に応援モードになったのを覚えています。

 

本郷理華の出身はもともとは名古屋ではなく、

宮城県仙台市だそうですが、長久保コーチとともに

名古屋市へ移住してきたそうです。

 

通っていた小学校も東港中学校も

なじみのあるところでしたが、

そんな選手がいるとは全く気が付かずにいました。

 

男子の山本草太選手も同じ東港中学校出身で

邦和スポーツランドで練習してました。

 

鈴木明子さんが邦和スポーツランドの出身というのは

パネルがあったりして知っていたのですが、

本郷理華選手のことは

全く気が付かずにいたことが悔やまれます。

 

2017年のグランプリファイナルが地元、名古屋開催なので頑張って欲しい

フィギュアスケートの選手にとって、

手脚の長さや身長は絶対的なものではありませんが、

うまく使えば武器になります。

 

 

ただ振り回すだけではむしろ印象も悪くなってしまうし、

必ずしもいい効果をもたらすとは限りません。

 

 

そういう意味で本郷理華選手の演技を

初めてみたときに心配な気持ちが少なからず

あったことも事実です。

 

まるで近所の子供が無事に成長していくか

見守っているような気持ちで、

それからの試合は見守っていました。

 

 

浅田真央選手もそうでしたが、

素晴らしい演技、

光るものをキラキラとさせていながら、

 

まだ大きな伸び代がある、そんな姿をみているのは、

これから咲く花のつぼみを見つけたような、

そんなワクワクした気持ちにさせてくれるものでした。

 

 

本郷理華選手にそれを見た私は

テレビでフィギュアスケートの放送があると、

録画をして必ず見るようになりました。

 

 

前よりも成長した部分、

今回はうまくいかなかった部分、

一緒に喜んだりがっかりしてきました。

 

 

本郷理華選手のよいところは

大人びた見た目とは違い、

リンク外では意外と負けず嫌いで

ピュアな内面がちらりと表に出ているところと思います。

 

 

これからのフィギュアスケートは

ジャンプの技術が

どんどんあがっていくと思いますが、

その中で本郷理華選手のように

 

アクセル以外のトリプルジャンプが跳べる、

ジャンプがうまく使える選手は有利だと思います。

 

あとは表現力を磨き、

オリンピック表彰台のてっぺんで

大輪の花として咲き、

輝く姿を、笑顔を見たいです。

 

浅田真央選手を引き継いで

フィギュアスケート王国 愛知の命を

絶やさないよう期待しています。



スポンサーリンク