羽生結弦 エキシビション

 



羽生結弦選手はフィギュアスケート



グランプリファイナル2016で

ショートプログラムでは106点で今季世界最高得点で

 

 

その圧倒的な強さでフリースケーティングが

ネイサン・チェン、宇野昌磨に次ぐ3位の成績でも

4連覇で優勝しました。

 

 

羽生結弦選手にとって不本意だったのは

フリースケーティングの成績でしょう。

 

 

ミスしない完璧な演技で自己最高の

世界最高点の更新での4連覇なら

理想ですよね。

 

2016/2017シーズンとしては

12月22日からの全日本選手権。

2017年3月の世界選手権と

大きな大会が2つあります。

 

2017年フィギュアスケート世界選手権へ向けて

 

全日本選手権では

フリースケーティングで遅れをとった

宇野昌磨選手を倒しての

完全優勝しての5連覇

 

世界選手権は

現在、2連覇中のフェルナンデスを倒しての3年ぶりの

2度目の優勝を成し遂げ

 

 

グランプリファイナル、全日本選手権、世界選手権と

3冠を達成して

2018年 平昌オリンピックへ

オリンピック2連覇へと挑みないですね。

 

そこで気になるのが羽生結弦選のライバルたち。

 

 

その動向は4回転ジャンプの完成度で

順位が変わる。

4回転の勝負になっていきているので

4回転ジャンプの完成度が高い選手ほど

上位に食い込む。

 

 

4回転ジャンプの完成度が高いほど

世界選手権やオリンピックの金メダルに

1歩も2歩も近づくという傾向になりそうです。

 

 

羽生結弦選手がグランプリファイナル2016

エキシビションの演技の中で

超高難度な大技を成功させています。

 

 

4回転ループ-3回転トーループ 羽生結弦 エキシビション動画

 

4回転ループー3回転トーループの連続ジャンプは

2018平昌オリンピックでの大技として

練習している途中だと思われましたが

 

 

どうやら女子フィギュアスケート女王の

メドベージェワから背中を押されて

エキシビションで挑戦したらしいのです。

 

 

で、見事に綺麗に美しく成功しました。

そのとたん、ファンの大歓声が上がりました。

 

 

次回の12月22日からの全日本選手権で

宇野昌磨選手の4回転ジャンプを意識して

超大技に挑戦するかもしれません。

 

 

2017の世界選手権では

フェルナンデスの3連覇を阻むためにも

4回転ループー3回転トーループの

超大技を見ることができるかもしれません。

 

 

男子フィギュアスケートは

若手、宇野昌磨選手やアメリカのネイサン・チェン

中国の金博洋等、

4回転ジャンパーが目白押しで

ますます面白い高得点の争いになってます。

 

 

その最前線、今はずっと前を走り続けている

羽生結弦選手も

大技に常に挑戦しながら走っている。

 

 

フィギュアスケート男子

羽生結弦選手から



ますます目が離せません。