愛知のフィギュアスケート女子で

伊藤みどり、安藤美姫、浅田真央、村上佳菜子は

ジュニア世界選手権で

3位以内に入賞している。

 

 

そして名古屋の隣の江南市出身の

6種類の3回転を跳んだ

中野友加里さんがいる。

 

 

中野友加里さんは2002年 ジュニア世界選手権

安藤美姫さんを押さえて2位

安藤美姫さんは3位だった。

 

 

中野友加里さんは海外での評価が高く

シニア時代には極端に難しいジャンプ構成を

組む選手として有名で

6種類の3回転「クレージーガール」と称されていました。

スポンサーリンク

 

しかし、中野友加里さんは

海外の評価は高かったのですが

オリンピックには一度も選出されませんでした。

 

 

杉山女学園小学校、杉山女学園中学校、

杉山女学園高校という

お嬢さん女学校を卒業しています。

 

コーチは山田満知子さんなので

ジャンプが得意になったのかもしれません。

 

1998 全日本ノービス選手権 Aクラス優勝

国際大会のリグラフトロフィーノービスクラス 優勝

 

中野友加里16歳 2002年ジュニア世界選手権 2位 動画

 

 

ジュニア時代は

2000ジュニアグランプリファイナル 3位

2002 ジュニア世界選手権 2位 と

活躍しました。

 

 

シニアに上がった

2003グランプリシリーズ スケートアメリカでは

トリプルアクセルをトーニャ・ハーディング、

伊藤みどりさんに続いて

世界で3人目に成功された。

 

 

ジャンプの欠点は動画でみてもわかるように

ジャンプで踏み切った足に

もう一方の足が絡みつく「巻足」で

マイナスの評価ジャッジを受けた。

 

 

中野友加里さんはジャンプだけではなく

高速ドーナツスピンと称された

美しいスピンで人気がありました。

 

 

オリンピックには

トリノオリンピックとバンクーバーオリンピックに

出場のチャンスがあったが

一度も選出されなかった。

 

 

バンクーバーオリンピック最中の

2010年2月22日に引退した。