村上佳菜子選手はジュニア時代メチャ輝いていました。

 

15歳で、2009年 グランプリファイナル 優勝して

2010年 Jr世界選手権でも優勝の

2冠達成したのです。

 

 

2015/2016の本田真凛選手は

グランプリファイナルでは3位で

Jr世界選手権で優勝なので

その記録も上回る成績だったんです。

 

天才ジュニア女子フィギュアスケーター 村上佳菜子の誕生


スポンサーリンク


村上佳菜子 21歳

1994年11月7日生

名古屋市出身

コーチ 山田満知子

中京大学

パーソナルベスト

SP 68.51

FS 132.18

トータル 196.91

 

優勝 ジュニアグランプリファイナル 2009

優勝 Jr世界選手権 2010

3位 グランプリファイナル 2010

 

 

2011年にはシニアに上がるのですが

浅田真央に次ぐ、名古屋の大器登場で

4年後のソチオリンピックでは

エースになるのではと期待されました。

 

村上佳菜子 Jr世界選手権 2010 FS動画

 

村上佳菜子選手は小学校6年では

トリプルアクセルを既に跳んでいたので

ジャンプに強くてジュニア時代は負け知らず。

 

 

2009ジュニアグランプリ ポーランド大会

2009ジュニアグランプリ クロアチア大会と連覇

そして ファイナルでも優勝と

完全制覇したのです。

 

2009全日本ジュニアでも優勝

2010Jr世界選手権でも優勝して

 

シニアの大会のアイスチャレンジで優勝

初出場した全日本選手権で5位と

栄光と輝きに満ちたジュニア時代でした。

村上佳菜子

 

2010/2011のシニア初参戦は16歳

グランプリファイナルで3位

全日本選手権では安藤美姫優勝 浅田真央2位

3位 村上佳菜子となって

世界選手権にも出場したのです。

 

 

が。。。。。

 

 

東北大震災で日本で開催予定の

世界選手権が1ヶ月延期になってから

村上佳菜子選手の歯車は狂いだして

世界選手権は8位

 

 

2011年からは体調も崩して

常に期待されながらも

不本意な成績でした。

 

 

村上佳菜子選手にパーフェクトな演技

ミスのない演技を期待します。

ショートプログラムもフリースケーティングも

ミスなければ、きっと良い結果が出る

選手だと思います。

 

 

大ベテランのような感じがしますが

まだ21歳なんですよ。

頑張って欲しいです。