フィギアスケートの日本って

国際大会では

グランプリシリーズやグランプリファイナル

世界選手権でも優勝者が常にいて

強い感じがしているんですけど・・・

 

 

今、ちょうど、リオオリンピックが開催中で

フィギアスケートは五輪・オリンピックのメダルって

強いからたくさんあるのかな?

 

 

誰が五輪・オリンピックで

フィギアスケート選手がメダルを獲得しているのか

スラスラと言えますか?

 

 

女子では安藤美姫さんとか

村主章枝さんとか中野友加里さん

鈴木明子さんとか

男子では織田信成さんとか小塚崇彦さんとか

いろんな人の名前が出てきたのですが

 

 

今、名前をあげた人たちは

五輪・オリンピックではメダルを

獲得していないのですね。

 

 

安藤美姫さんは絶対にメダルをとってると思ってました。


スポンサーリンク


調べてみると以外に少ないんですね、

まず、女子からですけど。

 

フィギアスケートで初のメダルを獲得したのは

1992年のアルベールビルオリンピックで

伊藤みどりさん。23歳で、銀メダル獲得。

 

コーチは山田満知子さんで名古屋出身です。

伊藤みどりさんは1989年に世界選手権にも

アジア人として初優勝しています。

 

 

その後、ずっと五輪・オリンピックでは

メダル獲得者は2006年までいないのです。

 

 

2006年 トリノオリンピックで

荒川静香さんが、25歳で、金メダル獲得

アダ名は、クールビューティー

 

 

コーチはニコライ・モロゾフで

元コーチは長久保裕

 

 

2010年 バンクーバーオリンピックで、

浅田真央選手が20歳で 銀メダル獲得

 

 

コーチはタチアナ・タラソワ

元コーチは山田満知子

 

 

女子は、オリンピックでメダル獲得は 3人だけ

羽生結弦

金メダルの荒川静香

銀メダルの伊藤みどり

銀メダルの浅田真央

 

 

 

フィギアスケート 男子シングルでは・・・

2010年 バンクーバーオリンピックで

高橋大輔さんが24歳で 銅メダル獲得

 

コーチは長光歌子さん

元コーチはニコライ・モロゾフで

銅メダルを獲得したときは

ニコライ・モロゾフではないのです。

 

 

そして2014年 ソチオリンピックで

羽生結弦選手が20歳で 金メダル獲得

 

コーチはブライアン・オーサー

元コーチは都築章一郎

 

ということで男子はオリンピックでメダル獲得は 2人だけ

金メダル 羽生結弦

銅メダル 高橋大輔

 

 

え〜、こんだけ〜っと

以外に少ないくないですか?

 

 

日本国内の盛り上がりを考えると

もっといっぱい

五輪・オリンピックでメダルを

獲得していると思いました。

 

 

五輪・オリンピックの近年

過去10大会 40年のメダル獲得数を

国別に調べてみました。

 

女子

金メダル

ドイツ 3個

アメリカ 3個

ウクライナ 1個

日本 1個

韓国 1個

ロシア 1個

銀メダル

アメリカ 5個

日本 2個

ロシア 1個

韓国 1個

カナダ 1個

 

銅メダル

アメリカ 3個

中国 2個

ソビエト 1個

ロシア 1個

カナダ 1個

イタリア 1個

 

男子

金メダル

ロシア 4個

アメリカ 3個

日本 1個

ウクライナ 1個

イギリス 1個

 

銀メダル

カナダ 5個

ロシア 2個

アメリカ 1個

スイス 1個

ドイツ  1個

 

銅メダル

アメリカ 2個

フランス 2個

チェコスロバキア 2個

日本 1個

アメリカ 1個

カナダ 1個

カザフスタン 1個

 

男女合わせると

金、銀、銅のメダル獲得の多い国は

アメリカが 17個

ロシア 9個

カナダ 8個

日本 5個

ドイツ 4個

フランス 2個

韓国 2個

中国 2個

ウクライナ 2個

 

アメリカがダントツに多く

思っていた以上にロシアが少ない。

 

 

2018平昌オリンピックでは

日本のメダルラッシュを期待しちゃいます。