フィギュアスケートのブログなら

羽生結弦選手のことを書かないと で、

緊張する。何を書けばいいのでしょう。

 

 

さんざん悩んで

素晴らしい記録というか歴史というか

偉業を既になしとげている羽生結弦選手なので

記録を年代別に書いていこうかな〜。

 

羽生結弦バイオグラフィー│歴史に残る動画あり

 

なかなかかっこいいタイトルではないでしょうか。てへ。

先輩、間違って書いてしまったら教えて下さい。

 

 

羽生結弦 基本データ

スポンサーリンク

名 前 羽生結弦(はにゅう ゆづる)

誕生日 1994年 12月7日生

星 座 射手座

血液型 B型

身 長 171センチ

体 重 56キロ

 

わたしが羽生結弦選手を始めてみた第一印象

スタイルいい。足長。顔ちっちゃ

女の子みたい。 きゃしゃ

 

でしたが

 

2014年のグランプリシリーズ・中国大会の

激突を観てからは印象が凄く変わりました。

 

なんて強い人なんだろうと。

 

顔良し、スタイル良し、心も良しで強い

 

文句のつけようがなく、期待にも応える男の中の男でした。

羽生結弦選手の試合後の、息というか、あの呼吸が・・

あれにしびれるの 私だけですか?

 

 

歴代最高得点

ショートプログラム

110.95 2015年グランプリファイナル

 

フリースケーティング

219.48 2015年グランプリファイナル

 

トータル

330.43 2015年グランプリファイナル

 

羽生結弦 2015年 グランプリファイナル ショートプログラム動画

 

主な大会の優勝回数

世界選手権 優勝 1回

全日本選手権 優勝 4連覇中

グランプリファイナル 優勝 3連覇中

グランプリシリーズ 優勝 3回 (意外と少ない)

 

羽生結弦 2015年 グランプリファイナル フリースケーティング動画

 

 

ジュニアでの主な大会の優勝

世界ジュニア選手権 優勝

ジュニアグランプリファイナル 優勝

全日本ジュニア選手権 優勝 2連覇

ジュニアグランプリシリーズ 優勝 2回

全国中学校スケート大会(A) 優勝 2連覇

全日本ノービス選手権(A) 優勝

 

 

 

過去の成績

2016 世界選手権 2位

2015 全日本選手権 優勝
2015 グランプリファイナル 優勝
2015 NHK杯 優勝
2015 スケートカナダ 2位
2015 スケートカナダオータムクラシック 優勝
2015 国別対抗戦 チームジャパン 3位
2015 世界選手権 2位

2014 全日本選手権 優勝
2014 グランプリファイナル 優勝
2014 NHK杯 4位
2014 カップオブチャイナ 2位
2014 世界選手権 優勝
2014 ソチオリンピック 優勝

2013 全日本選手権 優勝
2013 グランプリファイナル 優勝
2013 トロフィー・ボンパール 2位
2013 スケートカナダ 2位
2013 フィンランディアトロフィー 優勝
2013 世界選手権 4位
2013 四大陸選手権 2位

2012 全日本選手権 優勝
2012 グランプリファイナル 2位
2012 NHK杯 優勝
2012 スケートアメリカ 2位
2012 フィンランディアトロフィー 優勝
2012 世界選手権 3位

2011 全日本選手権 3位
2011 GPファイナル 4位
2011 ロステレコムカップ 優勝
2011 カップオブチャイナ 4位
2011 ネーベルホルントロフィー 優勝
2011 四大陸選手権 2位

2010 全日本選手権 4位
2010 ロステレコムカップ 7位
2010 NHK杯 4位
2010 世界ジュニア選手権 優勝

2009 全日本選手権 6位
2009 JGPファイナル 優勝
2009 全日本ジュニア選手権 優勝
2009 JGPポーランド大会 優勝
2009 JGPクロアチア大会 優勝
2009 世界ジュニア選手権 12位
2009 第29回全国中学校スケート大会(A) 優勝

2008 全日本選手権 8位
2008 全日本ジュニア選手権 優勝
2008 JGPイタリア大会 5位
2008 スケートコペンハーゲン(Nv) 優勝
2008 第28回全国中学校スケート大会(A) 優勝

2007 全日本ジュニア選手権 3位
2007 全日本ノービス選手権(A) 優勝
2007 ムラドストトロフィー(Nv) 優勝