usインターナショナルクラシック2017女子・日本vs米国動画

USインターナショナルクラシック2017

U.S. International Figure Skating Classic
U.S. インターナショナル クラシック

Salt Lake City
2017.9.13〜17

女子シングルス

ショートプログラム・FS滑走順

9月17日 朝9時30分〜11時24分

6番滑走 坂本花織

7番滑走  マライア・ベル

8番滑走  カレン・チェン

9番滑走 本田真凛

10番滑走 長洲未来

 

ショートプログラム・公式スコア▶

 

フリースケーティング 公式スコア▶

 

本田まりん 表彰式 usインターナショナルクラシック2017 動画



スポンサーリンク




 

usインターナショナルクラシック2017・女子FS

坂本花織 usインターナショナルクラシック2017 FS動画

FS 112.30 トータル 169.12 4位

 

マライア・ベル usインターナショナルクラシック2017 FS動画

FS 107.98 トータル 168.66 5位

 

カレン・チェン usインターナショナルクラシック2017 FS動画

FS 116.14 トータル 182.32 3位

 

本田真凛 usインターナショナルクラシック2017 FS動画

FS 131.52 トータル 198.42 1位

本田真凜USインターナショナルクラシック2017 FS動画

 



スポンサーリンク




長洲未来 usインターナショナルクラシック2017 FS動画

FS 119.73 トータル 183.54 2位

 



スポンサーリンク




 

 

usインターナショナルクラシック2017・女子SP

マライア・ベル usインターナショナルクラシック2017 SP動画

SP 60.68 4位

 

 

本田真凛 usインターナショナルクラシック2017 SP動画

SP 66.90 1位



スポンサーリンク




usインターナショナルクラシック2017女子・日本vs米国動画

本田真凜がシニアデビューで衣装を忘れるが│2017年9月16

本田真凜USインターナショナルクラシック2017SP・FS動画

 

 

坂本花織 usインターナショナルクラシック2017 SP動画

SP 56.62 5位

 

 

長洲未来 usインターナショナルクラシック2017 SP動画

SP 63.31 3位

 

 

カレン・チェン usインターナショナルクラシック2017 SP動画

SP 66.18

 

 

 

「U.S.インターナショナルクラシック2017」が、9月13日〜9月17日、アメリカ・ソルトレイクシティで開催されます。

日本からは女子シングル、本田真凛選手と坂本花織選手が出場します。

 

「U.S.インターナショナルクラシック2017」は、国際スケート連盟(ISU)公認の国際試合でチャレンジャーシリーズのひとつです。

 

世界ランキングポイント、スコアともに認定され、10月から開催されるグランプリシリーズにエントリーしている選手も多く出場します。

 

今季はオリンピックシーズンですので、どの選手たちも早めにプログラムを完成させたいはずです。

そういった意味でも、今季のチャレンジャーシリーズはとても重要な大会と言えますね。

 

今季よりシニア参戦する本田真凛選手と坂本花織選手にとっては、シニアの試合に慣れておくだけでなく、ジャッジや観客たちへのアピールの場ともなります。

是非、頑張ってもらいたいですね!

usインターナショナルクラシック2017女子・日本vs米国動画

シニア本格参戦を前にした今夏のオフシーズン。

本田真凛選手と坂本花織選手とも、意欲的にアイスショーに出演していました。

 

アイスショーの利点は、いち早くプログラムを滑り込むことができることです。

 

シーズン本番とはプログラム構成が大きく変わることもありますが、それでも観客たちの前で披露する機会が多いということは大きなアドバンテージになります。

 

特に今季はオリンピックシーズンですから、プログラムを早めに滑り込んでおくに越したことはありません。

更に新プログラムとなれば尚更です。

 

本田真凛選手と坂本花織選手も新プログラムを披露し、本番さながらの演技で観客たちを沸かせていました。

2選手がシニアでどんな演技を魅せてくれるのかワクワクしますね!

 

 

 

usインターナショナルクラシック2017女子・カレンチェン

そんな日本選手の強力なライバルとなるのが、開催国アメリカの選手たちです。

現全米女王のカレン・チェン選手をはじめ、日本でも人気の高い長洲未来選手、マライア・ベル選手が出場します。

 

やはり開催国ですから、ここは力のある選手たちを揃えてきていますね。

2015/2016、2016/2017シーズンと2年連続で日本の宮原知子選手が連覇しているので、アメリカとしてもオリンピックシーズンの今季は優勝を飾りたいところでしょう。

 

昨季の同大会で3位となり銅メダルを獲得しているカレン・チェン選手。

2017年1月に行われた全米選手権ではショート、フリーともに1位の完全優勝で、初の全米女王に輝きました。

 

なんと言っても圧巻だったのがその内容です。

ショートでは全てのジャンプに成功。

 

続くフリーでも6度のジャンプを成功させ、非公認ながら自己ベストを大幅に更新しました。

 

2018平昌五輪出場枠をかけた世界選手権でも4位と大健闘し、アメリカ3枠獲得に大きく貢献しています。

両親が台湾人のカレン・チェン選手は、小柄ながらパワフルなジャンプに定評があります。

 

一見、柔軟性のある柔らかな印象を受けますが、バネを活かして繰り出されるジャンプは飛距離も十分。

特に3回転ルッツは必見です!

リンクに立つと体の小ささを感じさせない、そんなスケールを持った選手です。

 

以前から自分でエキシビションナンバーを作っているというカレン・チェン選手。

 

2015/2016シーズンの「梁山伯と祝英台」では、扇子を手に華麗に舞い、昨シーズンの「LOVERS」でも、長い袖を使った衣装で中華の伝統文化をテーマにしています。

 

しかしエキシナンバーだけに留まらず、昨季は競技用プロにも自分なりに手を加えたとか。

 

「自分の中である程度のコンセプトやイメージがあったし、ジャッジからアドバイスを受けたので、自分のやり方で少しずつ修正した結果、気づいたらもう全部自分の考えた振付に変わっていた」と語っています。

 

カレン・チェン選手だけにしかできない世界感で今季も魅了してくれることでしょう。

 

 

 

usインターナショナルクラシック2017女子 長洲未来

日本人の両親のもと、アメリカで生まれ育った長洲未来選手。

 

14歳の時に全米女王に輝くなど、早くからその才能を開花させてきました。

 

バンクーバー五輪では初出場ながら4位入賞を果たすなど、アメリカ女子フィギュア界を牽引し続けている存在でもあります。

 

昨シーズンの全米選手権ではショート2位でスタートするも、フリーでふるわず4位となり世界選手権出場を逃してしまいました。

 

しかし、四大陸選手権ではフリーでパーソナルベストを更新し3位となり銅メダルを獲得しています。

大会終了後には来季に向け「できれば3回転アクセルを取り入れていきたいと考えている」と語っていました。

 

そしてその言葉通り、四大陸選手権後に出場した大会で3回転アクセルに挑戦しています。

 

残念ながらダウングレードとなり2回転とみなされましたが、他のジャンプには回転不足もつかず、スピン、ステップともにレベル4を獲得しています。

 

オフシーズンには、クリーンな3回転アクセルを跳ぶ自らの姿をSNS上にアップしています。

 

競技選手としての寿命が決して長いとは言えないフィギュアスケートにおいて、24歳の長洲未来選手が3回転アクセルに挑むということは今後の女子フィギュアスケート界にどんな影響を及ぼすのでしょう。

 

ソチ五輪は出場を逃した長洲未来選手、2018平昌五輪にかける思いは大きいはずです。

 

2018平昌五輪の会場となる韓国の江陵アイスアリーナで行われた四大陸選手権後のインタビューでは「なんとしてもまたここに戻ってきたいと強く思えた」と話しています。

 

U.S.インターナショナルクラシックで、長洲未来選手の3回転アクセルが見られることを期待しましょう!

 

 

 

usインターナショナルクラシック2017女子 マライヤ・ベル

昨シーズンのグランプリシリーズスケートアメリカ大会、補欠選手だったマライア・ベル選手に急遽出場のチャンスが巡ってきました。

 

そしてそのチャンスを見事にものにして、優勝したアシュリー・ワグナー選手に次ぎ2位となり銀メダルを獲得しています。

 

ちなみに3位:日本の三原舞依選手、4位:カナダのガブリエル・デールマン選手、5位:アメリカのグレイシー・ゴールド選手、6位:日本の浅田真央さんでした。

 

これら豪華なメンバーが集った大会においての銀メダルですから、その価値の高さがわかりますね。

 

この大会を機に、日本でもマライア・ベル選手人気が高まっています。

 

U.S.インターナショナルクラシックは、昨季も出場して2位となっている縁起の良い大会です。

 

全米選手権でも3位となり世界選手権に初出場するなど、昨季は躍進のシーズンでした。

今季の活躍も楽しみな選手のひとりですね。

 

「U.S.インターナショナルクラシック2017」、ここは日本対アメリカの戦いが予想されます。

 

シニア初参戦となる本田真凛選手と坂本花織選手ですが、表彰台も十分に狙えるはずです。

あとはどれだけ実力を出せるかが勝敗の鍵となりそうですが、この2選手にとっては何も失うものがないシニアの世界です。

 

チャレンジャーとして挑んでほしいですね!

 

 

本田真凜 シニアデビュー戦でSP首位

 フィギュアスケートのUSインターナショナルクラシックは15日、米ソルトレークシティーで女子ショートプログラム(SP)を行い、シニアデビュー戦の本田真凜(16=大阪・関大高)は66・90点で首位発進した。坂本花織(17=神戸ク)は56・82点で5位だった。

本田は慣れ親しんだ昨季の曲「スマイル」で、フリップ―トーループの連続3回転ジャンプを完ぺきに決めるなどノーミスでまとめた。2位だった3月の世界ジュニアで出した自己ベストに1・45点と迫る好スコアだった。

舞台裏はドタバタだった。本田は6分間練習が始まる15分前に衣装をホテルに忘れたことに気づいた。「めっちゃ焦りました」。関係者が急いで取りに行き、衣装が届いたのは3分前。そんなアクシデントを乗り越えてのトップ発進。「(高地の)体力面の不安も吹っ飛んで、いい演技ができました。初めてのシニアは本当に楽しかった。いろいろとよかった~」。初のシニアの舞台でも大物ぶりを発揮した。

 

 

本田真凛 シニア初戦 圧勝

「フィギュアスケート・USインターナショナル」(16日・米ソルトレークシティー)

女子フリーが行われ、シニア初戦に臨んだSP首位の本田真凜(16)=関大高=は、フリーで131・52点、総得点198・42点をマーク。2位以下に約15点差を付ける圧勝で、シニアデビュー戦を見事に優勝で飾った。

フリー「トゥーランドット」の荘厳な音楽にのり、冒頭から次々とジャンプを決めていった。標高1300メートルの酸素の薄い高地の会場。それでも1つの3回転ジャンプが2回転になった以外は、しっかりとジャンプを決め続けた。

演技後のフィニッシュポーズを解くと、疲労困憊の様子でフラつき、なんとか笑顔を浮かべ挨拶を終えたが、リンクを降りると椅子に座り込み、得点表示を待つキス&クライまでたどり着けなかった。

最終滑走者の長洲未来の演技が終わる頃には自力で立ち上がった。

 

usインターナショナルクラシック2017女子・日本vs米国動画

本田真凜がシニアデビューで衣装を忘れるが│2017年9月16

本田真凜USインターナショナルクラシック2017SP・FS動画

チャレンジャーシリーズ2017

 

本田真凛選手2017の関連記事はコチラ
羽生結弦選手2017 関連記事

 

本田真凛ちゃんをポチッとお願いしま〜す
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村