1月、2月はフィギュアスケートの大会も真っ盛り

2016/2017シーズンの後半戦

高校生の日本一を決める大会

 

 

インターハイ・高校総体のフィギュアスケートが

1月19〜23まで栃木県宇都宮市

宇都宮市スケートセンターで開催されます。

 



スポンサーリンク




 

正式名は

「第66回全国高等学校スケート競技」フィギュア部門

 

参加する選手は

バッジテスト

男子5級以上、

女子6級以上

年齢は1997年4月2日以降に生まれた方

 

 

テレビ放送されている野球で甲子園、駅伝では年末の高校駅伝

サッカーでもインターハイ・高校総体はあります。

 

 

フィギュアスケートのインターハイ・高校総体の

テレビ放送は録画放送があります

高校総体 男子フリー 2月13日 16時〜19時

高校総体 女子フリー 2月14日 16時〜19時

スカパー!で視聴できます

 

 

インターハイ・高校総体ですが

近年は国際大会でも活躍する選手が

目白押しで

面白い大会になっています。

 

女子予選A組 結果 (10位まで掲載)

1位 三原舞依 66.08

2位 岩元こころ 59.62

3位 妹尾日菜子 52.37

三原舞依

女子予選B組 結果 (10位まで掲載)

1位 坂本花織 67.49

2位 横井ゆは菜 56.97

3位 竹野仁奈 5085

坂本花織

 

女子予選C組 結果 (10位まで掲載)

1位 松原星 53.80

2位 西坂美釉 52.95

3位 三野真穂 51.79

インターハイ

 

女子決勝 結果 

優勝 三原舞依 190.16

2位 坂本花織 183.58

3位 岩元こころ 172.69

4位 松原星 160.95

5位 横井ゆは菜 159.38

三原舞依 坂本花織

 

 

インターハイ・高校総体フィギュアスケート

女子2013年からの成績は?

 

 

2013年

優勝 本郷理華(愛知みずほ大瑞穂)

2位 中塩美悠(ノートルダム清心)

3位 友滝佳子(岡山理大附)

 

2014年 インターハイ・高校総体

優勝 本郷理華(愛知みずほ大瑞穂)

2位 大庭雅 (中京大中京)

3位 木原万莉子(同志社)

 

2015年 インターハイ・高校総体

優勝 中塩美悠(ノートルダム清心)

2位 木原万莉子(同志社)

3位 新田谷凜(中京大中京)

4位 松田悠良(中京大中京)

 

2016年 インターハイ・高校総体

優勝 松田悠良(中京大中京)

2位 岩元こころ(大阪薫英)

3位 永井優香(駒場学園)

 

 

2017年 注目のフィギュアスケート選手

永井優香(駒場学園)3年 日本スケート連盟特別強化選手

松田悠良(中京大中京)3年 前回高校総体優勝

横井ゆは菜(中京大中京)1年 日本スケート連盟強化選手A

岩元こころ(大阪薫英)2年  日本スケート連盟強化選手B

三原舞依(芦屋)2年 全日本選手権3位

坂本花織(神戸野田)1年 Jr全日本選手権1位

 

 

愛知の高校選手がやはり強いのですが

とくに2013年 2014年と

本郷理華選手が高校総体2連覇しているのは

特出ですね。

 

 

2017年の注目は

愛知 中京大中京高校の

松田悠良選手が2連覇がかかっています。

 

 

松田悠良選手は全日本選手権にも

過去5大会連続で出場していて

実力があります。

 

名古屋市立東港中学校卒業なので本郷理華選手と

同じ中学、同じ長久保裕コーチに師事していましたが

2014年に山田満知子コーチに変わっています。

 

 

松田悠良選手の2連覇には強敵に勝たなければなりません。

 

 

三原舞依選手 高校2年生ですが

シニアの大会で大活躍です。

2016全日本選手権で3位となり

グランプリシリーズではドイツ杯で優勝しています。

 

 

三原舞依選手がインターハイ・高校総体の優勝候補なら

対抗は?

 

坂本花織選手 高校1年生ですね。

2016年は全日本ジュニアで優勝

ジュニアグランプリでは

フランス大会で2位

日本大会で優勝

ジュニアグランプリファイナルでも3位と

 

 

世界ジュニア王者の本田真凛選手に全て勝利し

存在感をアピールしました。

 

 

愛知のフィギュアスケートの名門

中京大中京の松田悠良選手の2連覇か?

 

世界選手権出場の三原舞依選手の初優勝か?

 

ジュニア全日本選手権優勝の坂本花織選手の初優勝か?

 

 

インターハイ・高校総体に出場できるのは3回だけ。

優勝すると名前は一生、残ります。

 

 

2018年になると本田真凛選手や白岩優奈選手といった

さらに強豪が高校生となり参加してきます。

インターハイ・高校総体で

優勝するのは困難、しれつさを増してきます。

 

 

国際大会とはまた違った

高校の名前の入った大会です。

熱い戦いに注目しましょう。