本田真凜VSメドベージェワVSザギトワ【ジャパンOP2017】美女初対戦

本田真凜 ジャパンオープン

Japan Open 2017
ジャパンオープン

2017年10月7日 12:30〜



初対決!女王メドベージェワVS本田真凜選手・アリーナ・ザギトワ選手

ジャパンオープン20107の女子出場選手は凄いことになってます。

2017/2018シーズンが始まって、初戦となる

チャレンジャーシリーズのB級選手権での

女王が集結しました。

 

本田真凜VSメドベージェワVSザギトワ【ジャパンOP2017】美女初対戦

アメリカ大会・女王 本田真凜

スロバキア大会・女王 メドベージェワ ロシア

イタリア大会・女王 ザギトワ

 

フリースケーティングだけの一発勝負で

チャレンジャーシリーズの真の女王を決定する

そしてその3選手がフィギュアスケート女子での

美女で可愛いBESTスリー ではと当サイトでは考えています。

 

初対戦・本田真凜VSメドベージェワVSザギトワで真の女王を決定戦であり

美女対決 ナンバーワン決定戦でもあります。

 

 

本田真凜VSメドベージェワVSザギトワ【ジャパンOP2017】美女初対戦

 

本田真凜 ジャパンオープン2017 動画 133.41

 

ザギトワ ジャパンオープン2017 動画 145.28

 

 

三原舞依 ジャパンオープン2017 動画 147.83

 

 

メドベージェワ ジャパンオープン2017 動画 152.08

 



スポンサーリンク




本田真凜 ジャパンオープン2017 前日練習 動画

【ジャパンオープン2017】動画

結果速報

フィギュアスケートのジャパンオープン、女子が終わり、

トップはメドベージェワ152.08。

2位三原147.83。

三原は技術点でメドベージェワを0.22上回る77.25という圧巻の演技でした。

ザギトワ、長洲、本田真凜、カレン・チェンと続きました。

 

 日本、北米、欧州によるフィギュアスケートの3地域対抗戦「ジャパン・オープン」は7日、さいたまスーパーアリーナで行われ、三原舞依(18=シスメックス)と本田真凜(16=関大高)が、参考記録ながらそろってフリーの自己ベストをマークした。

三原はほぼノーミスでまとめ、147・83点で2位。4月の世界国別対抗戦でマークした146・17点を上回る自己ベストを記録した。9月のオータムクラシックでは踏み切り違反をとられたフリップもきれいに決めるなどジャンプが光り、スピンやステップも最高評価のレベル4で取りこぼしをしなかった。演技後にはガッツポーズを見せた。

本田は133・41点の5位。3回転フリップで着氷が乱れるミスもあったが、今季2戦目にして今年3月の世界ジュニア選手権の133・26点を上回った。

世界女王のエフゲニア・メドベージェワ(ロシア)が152・08点で首位。同大会はショートプログラム(SP)のないオープン大会。3地域対抗で男女2人ずつがフリーを滑って合計点を競う。

 

 ◇ジャパン・オープン成績◇

1位 欧州615・35点(メドベージェワ152・08点、ザギトワ145・28点、フェルナンデス189・47点、ビシェンコ128・52点)

2位 日本614・93点(三原147・83点、本田133・41点、宇野175・45点、織田158・24点)

3位 北米 (長洲134・69点、カレン・チェン116・32点、ネイサン・チェン178・46点、アボット143・48点)

 

 

サタデースポーツ 「ジャパンオープン」2017/10/07  報道動画

 

 

サタデーステーション「ジャパンオープン」2017/10/07  報道動画

 

出場選手のチャレンジャーシリーズ2017の動画や記事はこちら

三原舞依 オータムクラシックカナダ2017 準優勝

本田真凜 USインターナショナルクラシック2017 優勝

カレン・チャン USインターナショナルクラシック2017 3位

長洲未来  USインターナショナルクラシック2017 準優勝

エフゲニア・メドベージェワ オンドレイネペラ杯2017 優勝

アリーナ・ザギトワ ロンバルディア杯2017 優勝

 

 

本田真凜VSメドベージェワVSザギトワ【ジャパンOP2017】美女初対戦

見どころは現世界女王エフゲニア・メドベージェワ選手に挑む、今季よりシニアに参戦の本田真凜選手とアリーナ・ザギトワ選手の初対決です。
ジャンパンオープンはフリースケーティングのみで行われるので、ここでは各選手のフリーでのスコアで比較してみましょう。

絶対女王メドベージェワに勝つ秘策?

シニアへ転向してから現在まで、何度も世界歴代最高得点を塗り替えてきたエフゲニア・メドベージェワ選手。

昨季は、ヨーロッパ選手権150.79点、世界選手権154.40点、国別対抗戦160.46点の3大会で、自ら持つ世界記録を更新しています。
今季初戦のオンドレイネペラ杯も、146.72点(TES72.88・PCS73.84)で優勝しています。

昨季のジュニア世界女王アリーナ・ザギトワ選手は、ジュニアグランプリファイナル136.51点でジュニア最高得点を更新、更に世界ジュニア選手権でも138.02点で自ら持つ記録を更新しました。

今季初戦のロンバルディア杯では、147.17点(TES79.65・PCS67.52)で優勝。

このスコアは、エフゲニア・メドベージェワ選手をも上回る得点です。

注目すべきはTESの高さです。

アリーナ・ザギトワ選手は、全てのジャンプを1,1倍となるプログラムの後半に跳んでいるためTESが高くなります。

対してエフゲニア・メドベージェワ選手は、前半ジャンプが1つ、残りのジャンプを全て後半に組み込んでいますが、初戦は3回転フリップでエッジエラーが付いたため、スコアが思うように伸びませんでした。

たとえエフゲニア・メドベージェワ選手であっても、今季はひとつのミスでこうしてアリーナ・ザギトワ選手に逆転を許す可能性もゼロではない、ということです。
(あくまでも1プロのみの話です)

今季もノーミスの戦い

そして日本の本田真凜選手の自己ベストは、昨季の世界ジュニア選手権での133.26点です。

今季初戦となったUSインターナショナルクラシックでは、131.52点(TES66.56・PCS64.96)で優勝しています。

三原舞依選手の自己ベストは、昨季の国別対抗戦での146.17点。

これは歴代日本選手最高得点となっています。

今季初戦のオータムクラシックでは、エッジエラーなどで132.84点(TES67.40・PCS65.44)と伸び悩みました。

大会が違えば環境も状況も異なるので一概にすることはできませんが、やはり140点超えしなければメダル争いには加われません。

 

女子シングルは昨季に引き続き、緊迫したノーミスでの戦いが繰り広げられそうです。

安定感のある堅実な演技で定評のある三原舞依選手と、未知の力を秘めた本田真凜選手。

一方北米チームからは、3回転アクセルを武器に長洲未来選手と、若き全米女王のカレン・チェン選手が挑んできます。

【ジャパンオープン2017】動画・羽生結弦や宇野昌磨・出場選手は?

 

優勝の鍵となるのは?

今年のジャンパンオープンは平昌五輪2018をひかえ、本格シーズン突入前の一戦としても非常に重要な大会となっています。
しかしここはあくまで団体戦ですので、勝敗はあくまでもチームとしての総合力がポイントとなります。

女子は欧州チームの強豪ロシア勢に、日本と北米チームがどこまで迫ることができるか。

男子の3強選手はいずれも高難度プログラムが予定されるため、現時点での完成度が鍵となるでしょう。

今シーズンに向けまだ調整段階と思われる現役の選手たちに対し、このジャパンオープンのためにピーキングを合わせてきている選手がいます。

昨年、同大会で(非公認ながらも)現役時代の自己ベストを更新した織田信成さんです。

現在、プロスケーターとコーチ、解説者、タレントとして大活躍中の織田信成さんですが、昨年「4回転トーループ+3回転トーループ」のコンビネーションジャンプを見事成功させ、日本チームの優勝に大きく貢献しています。

現在のルールで争われるようになった2006年以降から昨年までの優勝成績は、日本8勝、北米1勝、欧州2勝となっています。
今年のジャンパンオープンも日本チームの優勝を信じて応援しましょう!

カーニバルオンアイス

夜には豪華ゲストスケーターたちを迎えて行われるエキシビション、「カーニバルオンアイス」が開催されます。
競技を終え、緊張感から解き放たれた選手たちの開放感が、見ているこちらにも伝わってきます。

・ゲストスケーターラインナップ
高橋大輔さん、町田樹さん、鈴木明子さん、村上佳菜子さん
ケイリントン・ウィーバー&アンドリュー・ポジェ組、村本哉中&クリス・リード組、高橋成美&柴田嶺組

今年も豪華なゲストスケーターが揃った「カーニバルオンアイス」も必見です。




スポンサーリンク




チャレンジャーシリーズ2017

 

羽生結弦選手2017 関連記事

本田真凛ちゃんをポチッとお願いしま〜す
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村