本田真凛

World Junior Figure Skating Championships
世界ジュニア選手権
2017.03.15 – 2017.03.19 台湾・台北



ジュニア女子シングル フリースケーティング・FS 滑走順

2017年3月18日(土)17時〜20時47分

24選手のエントリー

 

第4グループ

19番滑走 コンスタンチノワ ロシア SP5位 58.90

滑走時間 19時57分

 

20番滑走 白岩優奈 SP2位 62.96

滑走時間 20時04分

 

21番滑走 イム・ウンス 韓国 SP4位 64.48

滑走時間 20時12分

 

22番滑走 本田真凛 SP2位 68.35

滑走時間 20時20分

 

23番滑走 アリーナ・ザギトワ SP1位 70.58

滑走時間 20時27分

 

24番滑走 坂本花織 SP3位 67.78

滑走時間 20時35分

 

本田真凛 世界ジュニア フリー・FS ISU公式ライブスコア

スポンサーリンク

フリースケーティング・FS公式ライブスコア・滑走順▶

 

公式トータルスコア・リザルト▶

 

世界ジュニア エキシビション 無料ライブ中継▶

終了しました※中国のサイトを予定しています

 

 

コンスタンチノワ 世界ジュニア FS動画

FS 103.94 トータル 162.84




白岩優奈 世界ジュニア FS動画

FS 111.42 トータル 174.38




イム・ウンス 世界ジュニア FS動画

FS 116.03 トータル 180.81




本田真凛 世界ジュニア FS動画

FS 133.26 トータル 201.61




ザギトワ 世界ジュニア FS動画

FS 138.02 トータル 208.60




坂本花織 世界ジュニア FS動画

FS 127.76 トータル 195.54




アリーナ・ザギトワ 優勝インタビュー




世界ジュニア2017 ショートプログラムの結果

1位 ザギトワ 70.58
2位 本田真凛 68.35 PB
3位 坂本花織 67.78 PB
4位 イムウンス 64.78 PB
5位 白岩優奈 62.96 PB

11位 ツルスカヤ 54.30

 

ショートプログラムの結果

やはりザギトワはミスなく70.58の高得点をだし

1位をキープしています。

 

本田真凛選手もミスなく完璧な演技でした。

パーソナルベストでザギトワとの点差は

2.23点

 

フリースケーティングの結果では逆転も可能です。

 

坂本花織選手もショートプログラムをパーソナルベストの

67.78で2位の本田真凛選手とは0.57点差で

ザギトワとは 2.8点差なので

逆転も可能な点差です。

 

ロシアのツルスカヤが転倒して

ショートプログラムは結果が出ませんでしたが

フリーで上位に上がる可能性は十分もっているので

素晴らし演技を観たいですね。

 

世界ジュニア2017 表彰式




エキシビションライブ放送 スケジュール

前半

3番演技 アリエフ

4番演技 坂本花織

6番演技 ジュンファン

10番演技 友野一希

後半

16番演技 本田真凛

20番演技 ザギトワ

22番演技 ゾウ

 

本田真凛 世界ジュニア2017 エキシビション




ザギトワ 世界ジュニア2017 エキシビション




イムウンス 世界ジュニア2017 エキシビション




坂本花織 世界ジュニア2017 エキシビション




 

フリースケーティングの公式パーソナルベストをチェックします。

ザギトワ 136.51

本田真凛 128.64

ツルスカヤ 128.59

白岩優奈 124.29

坂本花織 122.15

 

パーソナルベストのままフリースケーティングが終了すると

断トツでロシアのアリーナ・ザギトワの優勝が決まります。

 

滑走順で本田真凛選手はザギトワの直前で演技します。

本田真凛選手は完璧なフリースケーティングを滑り

高得点を出してザギトワにプレッシャーをかける

 

 

この心理作戦も効果ありでしょう。

ザギトワでも転倒はするのですから。

2016ジュニアグランプリ スロベニア大会で

やはり同じように

 

SP1位のザギトワがFSで転倒して

トータル3位となったジュニアグランプリ スロベニア大会▶

 

スポンサーリンク

 

ショートプログラムで負けていた本田真凛選手が

フリースケーティングで

32番滑走 本田真凛

34番滑走 ザギトワで

 

 

本田真凛選手はフリースケーティングを完璧に演技して

プレッシャーのかかったザギトワがフリーで

転倒するということがあり

 

 

結果、ショートで1位だったザギトワが3位に転落し

1位が紀平梨花

2位が逆転で本田真凛選手となり

ジュニアグランプリファイナルへ進出を決定したのです。

 

 

 

そう、あの時の ジュニアグランプリスロベニア大会と

同じような出来事が起こる可能性もあるのです。

 

本田真凛選手の世界ジュニア2連覇に

勝利の女神が降臨する予感です。

 

坂本花織選手には逆転する力

軽々と3回転ジャンプを決める高さのあるジャンプ力を武器に

優勝も秘めています。

 

 

本田真凛選手は2016/2017シーズンは優勝がないのです。

2位止まり。

 

坂本花織選手が優勝をさらっていくとう

可能性も十分あります。

 

 

どっちにしても心臓バクバクの

世界ジュニア フリースケーティングになりますね。

 

追記:ツイッターより

ザギトワ出るのか、かなりの強敵。むしろラスボスに近い。

 

坂本さん、白岩さん、真凜ちゃん3人みなJW2度目の出場に対して、ザギトワ、ツスルカヤ、スターシャ3人ともJW実質初出場というのも面白い構図。

 

改めてメドベちゃんとザギトワちゃん凄いなと。そんなにノーミスできる選手は少ないので尊敬します。

 

ザギトワちゃんの両手タノ好き ジャンプ後半固め打ち強い そしてお人形さんみたいなスタイル

 

ザギトワのドンキホーテジャンプだけじゃなくてプログラムの構成がめちゃめちゃ好きなんだけど、本当にこれ以上に後半7ジャンプが合う曲があるのかどうか

 

本田真凛ちゃんをポチッとお願いしま〜す
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村