本田真凛

本田真凛選手は2017/2018シーズンでシニア参戦

世界ジュニアフィギュアスケート選手権2017で

準優勝した本田真凛選手。


ピョンチャンオリンピック又は平昌オリンピックとなる

2017/2018来シーズンは

いよいよシニアへ参戦することになります。




本田真凛選手はピョンチャンオリンピック又は平昌オリンピックの

代表になることができるのか?を

考えてみたいと思います。



現在、シニアの女子は残念なことにオリンピックで

表彰台を狙うには手薄、ロシアやカナダ、アメリカに勝てるの?

誰もが思っていることではないでしょうか。



ピョンチャンオリンピックに表彰台を狙える選手はいるのか?



スポンサーリンク


ピョンチャンオリンピック又は平昌オリンピックで

金メダルを目指すために復帰した、

日本女子フィギュアスケート界の第一人者

浅田真央選手は膝のけがの影響で

現在は本来の滑りをすることができません。




さらに、現在、世界で戦うことでできている

宮原知子選手もけがで戦線離脱、

世界フィギュアスケート選手権も欠場することになりました。




今シーズン2016/2017からシニアへ参戦した

三原舞衣選手は安定した演技をしているものの、

経験不足が心配です。




今シーズンの世界フィギュアスケート選手権は

ピョンチャンオリンピック又は平昌オリンピックの

出場枠を争う戦いででした。




まず、そこで何枠獲れるのか、

大事な世界フィギュアスケート選手権でしたが

宮原知子選手欠場の懸念どおり

3枠獲れなかったので

代表争いはかなり厳しいものになります。




本田真凛選手と同世代の若い選手たちには、

成長力、未知なる可能性もあります。




ただ、フィギュアスケートは

勢いだけで通用するスポーツではないと思うのです。




技術に加え、芸術性、そして、

オリンピックで日本を代表して戦うんだという

プレッシャーに勝つだけの

メンタルも持ち合わせなければいけません。




無駄なことを考えずに自分の演技ができるのも、

若いうちだとは思いますが、

やはり若手選手には重荷になるのではないかと思います。

2018ピョンチャンオリンピックで表彰台を狙える選手は

日本にいるのでしょうか?



本田真凛選手には持って生まれた華がある



スポンサーリンク



本田真凛選手には、

持って生まれた華があります。




リンクに立っただけで、華やかになり、

人の目を惹き付けます。




これはどんなに練習しても

身につけることができるものではありません。




本田真凛選手はそれを身につけているわけですから、

これは大きな武器になるのではないでしょうか。



フィギュアスケートシングルは

日本で人気のあるスポーツです。




トリノ、バンクーバー、ソチと

3大会連続でメダルを獲得しています。




日本男子は羽生結弦選手と宇野昌麿選手など、

世界トップレベルの選手がおり、

こちらも代表争いが熾烈になっています。




さらに、世界では4回転時代となり、

技術がどんどん進歩、

オリンピックシーズンにはどこまでやれば

メダルが獲れるのか分からない状態です。



日本代表女子には4回転ジャンプが・・・・チャンス

女子の場合は、劇的な技術の進歩はなく、

現世界女王でも3回転x3回転の

コンビネーションを跳ぶのが必須の程度。




浅田真央選手のこだわる

トリプルアクセルに挑戦してくる選手は

いないのではないかと思います。




演技後半でジャンプを跳べば

高得点につながる、作戦次第なのです。




そのため、その時にピーリングがあった選手が

優勝するのではないかと思っています。




フィギュスケート大国のロシアでは、

現世界女王メドベージェワ選手でさえ、

ジュニアのザキトワ選手などに追い抜かれる

可能性があるくらい下克上なのです。




日本においても、

シニアの選手がけがで戦線離脱している状況のため、

本田真凛選手が日本代表になる可能性は高いです。




オリンピックまでどう過ごすかが一番大事です。




本田真凛選手はジャンプの練習をするのが好きで、

4回転ジャンプも練習しているとのこと。



もしかすると、女子で4回転を初めて跳んだ

安藤美姫さんに次ぐ、

凄いことをやってのける選手だと思ってます。



オリンピック出場枠が2枠となり女子シングル代表レースは超壮絶

2018ピョンチャンオリンピック 女子シングル代表候補 8選手

宮原知子 19歳 218.33 ▲

浅田真央 26歳 216.69 ▲

本田真凛 15歳 201.61 ◎

三原舞依 17歳 200.85 ◯

本郷理華 20歳 199.15 △

坂本花織 16歳 195.54 ◎

樋口新葉 16歳 194.48 ◯

白岩優奈 15歳 186.80 ◯

 

◎ 絶好調

◯ 持病あるが好調

△ 本調子まで遠い

▲ ケガ・故障

 

宮原知子選手と浅田真央選手はケガ

本郷理華選手も体調は良くない。

樋口新葉選手も腰痛持ち。

絶好調なのは本田真凛選手と坂本花織選手。

 

 

安定感が抜群なのは

シニア参戦してくる坂本花織選手

ほとんど2016/2017シーズンはミスがなかった。

 

三原舞依選手も安定感は抜群で精神面で

世界フィギュアスケート選手権の

ショートプログラムでは緊張しすぎた。

 

慣れてくれば乗り越えられるでしょう。

 

本田真凛選手は波がある。

本人はピークを世界ジュニアにもっていき

その通り、ノーミスで演技した。

波を克服する大物ではある。

 

レジェンド浅田真央選手が

ケガを克服して

トリプルアクセルを跳べるのか?

 

宮原知子選手が完治して

グランプリシリーズに復活してくるのか?

 

オリンピック出場枠が2枠になり

現在は団子レースだが

ロシア勢、カナダ勢を倒すには

圧倒的に国内で力の差を見せつけることが

できなければ

本田真凛選手のオリンピック代表にも

暗雲がたちこめる。

 

本田真凛ちゃんをポチッとお願いしま〜す
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村