羽生結弦選手が奇跡の逆転優勝したフィギュアスケート世界選手権2017の

公式動画が無料で視聴できます。

フジテレビの動画配信オンデマンド・スマホやパソコンで視聴できます。

 

羽生結弦選手の世界選手権やドラマ・映画が無料で見放題

今なら見放題880円が、まさかの0円▶

 

羽生結弦【感謝の気持ち】イベント参加と恩師との絆 

「僕は震災のときにこのリンクを借りて、なんとかスケートを続けることができました」
横浜市神奈川区の横浜銀行アイスアリーナで行われた「真夏の氷上カーニバル」。
エキシビション演技後まだ息が整わない中、羽生結弦選手が感謝の言葉を語り始めました。



スポンサーリンク




羽生結弦【感謝の気持ち】イベント参加と恩師との絆

8月16日に行われた区制90周年を記念するイベントに参加した羽生結弦選手は、エキシビションとスケート教室に参加しイベントを大いに盛り上げました。
会場となった横浜銀行アイスアリーナは、2011年の東日本大震災の際に、一時期練習拠点としていたリンクです。

当時、震災により拠点にしていた仙台市のリンクが営業休止となったため、かつての恩師、都築章一郎コーチを頼ってこのリンクで練習していたのです。

都築コーチは8歳の羽生結弦選手に、スケーティングの基礎を厳しく指導した恩師です。
早くから羽生結弦選手の才能を見抜き「オリンピックに行こう。世界一になろう」と、幼い羽生結弦選手に世界を意識させた人でもあります。

10歳の時全日本ノービスで優勝するも、その後リンクが経営難で閉鎖。

別れの時、都築コーチは羽生結弦選手に「君は特別な感受性を身につけているのだから、将来はアスリートとして成功するだけでなくフィギュアを通じて芸術家と呼ばれる存在になってほしい」と語りかけています。

今でも都築コーチを見つけると「都築先生!」と言って駆け寄って来る羽生結弦選手。
子供のときから今に至るまで変わらぬ絆の強さですね。



スポンサーリンク




羽生結弦【感謝の気持ち】イベント参加と恩師との絆

羽生結弦選手は震災の年、4月から10月までの約半年間、恩師のいるリンクと全国各地を回るアイスショーを行ったり来たりしていました。

ソチ五輪での金メダル獲得後、当時震災後の羽生結弦選手の様子を語った都築コーチのインタビューがあります。

震災後に再会した時「この子はスケートを続けていけるのか」と感じていた。
今思えば、震災の時はオリンピックのメダルを取れたのが奇跡だったと思えるくらい、傷心していた。

こういう状況からどうやって立ち上がり、スケートにもう一度挑戦するのか、どう回復していけるのか。

言葉をかけるというよりは見守るしかなかった。

そんな状況の中でのシーズンでしたが、初出場した世界選手権で3位となり銅メダルを獲得します。

この時、立ち直ってくれたな思った、と都築コーチは語っています。

 

そんな震災後に拠点としていたリンクのリニューアル。
60m×30mのメインリンクは国際規格で、そばには22m×6mのサブリンクもあります。
思い出の地であるリンクのエキシビションで滑った曲は「花になれ」。

震災後の2012/2013シーズンのエキシビションナンバーで、震災から立ち直ろうと頑張る被災地の仲間たちへの応援歌として滑った曲です。

いつも感謝の気持ちを忘れない羽生結弦選手が、このイベントに選んだぴったりの曲ですね。

と思いきや、実は羽生結弦選手、今季のフリープログラム「SEIMEI」を滑るつもりだったとか!

前日カナダから帰国ばかりで体調が整わずかないませんでしたが、このエキシナンバーの3つのジャンプ、2本の4回転ジャンプと3回転アクセルを決めているんです。

菩薩様のような笑顔で、出にも入りにも難しい技のてんこ盛り鬼ジャンプ構成、これはもはやエキシナンバーではありません。

しかし、直前の練習ではジャンプが決まらず苦戦していた様子。
それでも本番はノーミスするあたり、地球を半分回ってきたとは思えないさすがの集中力ですね!

いつも最高のものを見せたいという、羽生結弦選手の気持ちが伝わる演技でした。



スポンサーリンク




羽生結弦【感謝の気持ち】イベント参加と恩師との絆

このイベントには神奈川区在住のお子さんとその保護者、合計300人が参加しました。
821通2600人の応募の中、約9倍の倍率ですからなかなかの狭き門ですね。

エキシ後に行われたスケート教室には、そのうちの約70人のお子さんが参加し「羽生結弦先生」から指導を受けました。

初心者から上級者まで、4クラスに分かれた生徒たちそれぞれのレベルに合わせて、適切にアドバイスをする羽生結弦選手。

「上手、上手!」「凄い!なかなかここまでできないよ」と、子どもたちに声をかけます。

金メダリストで現世界王者に褒められたら、俄然やる気が出るというものですよね。

 

羽生結弦選手は、氷の上で立つこともままならない子どもにずっと寄り添いながらも、自分で起き上がることができるまで手を差し伸べようとはしませんでした。

子供たちには「転んでもいいよ。いっぱい転んでOK!僕らもたくさんたくさん転んでいます」

「スケートはいっぱい転ぶ。たくさん転べば転ぶほど、うまくなるから。思い切ってやろう」

「ただ失敗しちゃっただけでなくて、どうして失敗しちゃったのかなーって、失敗しない工夫を考えよう。そうしたら絶対うまくなれます。がんばってね」

とエールを送りました。
この言葉、とても深いですね。

失敗を恐れないこと、どうしたらできるようになるのか工夫すること、この思考こそが「羽生結弦」であり王者の証です。

羽生結弦【感謝の気持ち】イベント参加と恩師との絆



スポンサーリンク




帰国後、まだ時差ボケが抜けない中でのイベント参加には、羽生結弦選手の体調を懸念する声も多くありました。

しかし、震災後スケートを続けられるかどうかという大変な時期を救ってくれたリンクです。

オリンピックシーズンのこの時に、恩返しができたことも何かの巡り会わせではないでしょうか。

そんな大変な時期にもかかわらず、イベント参加を快諾してくれた教え子の義理堅さに、恩師の都築コーチも感激していました。

エキシ後、羽生結弦選手は挨拶で「つらいこともたくさんありますけど、スケートをやっていれば楽しいこともたくさんある。ひとつひとつを胸に抱いて皆さんが幸せになれるようにと滑らせてもらった」

「みなさんの暖かいパワーを胸にオリンピック、このシーズン全体を頑張りたい」と力強く抱負を語っています。

感謝の気持ちは大きな力になります。
それは羽生結弦選手自身がソチ五輪で証明してくれています。

 

9月からはすでに初戦を迎えます。
2018平昌五輪シーズンが幕を開けるのです。

66年ぶりとなるオリンピック2連覇に向け、羽生結弦選手の戦いが始まります!

 

羽生結弦選手が奇跡の逆転優勝したフィギュアスケート世界選手権2017の

公式動画が無料で視聴できます。

フジテレビの動画配信オンデマンド・スマホやパソコンで視聴できます。

 

羽生結弦選手の世界選手権やドラマ・映画が無料で見放題

今なら見放題880円が、まさかの0円▶



スポンサーリンク




羽生結弦選手2017 関連記事

本田真凛ちゃんをポチッとお願いしま〜す
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村