羽生結弦選手の集中力の秘密はプーさん?

羽生結弦

羽生結弦選手が演技している時、リンク外側のフェンス上にディズニーキャラクター・くまのプーさんのティッシュケースが置いてある事をご存知でしょうか。

試合のときにはいつも持ち歩いており、ファンの中では羽生選手の精神安定剤と言われています。

そのために、演技後に投げ込まれるプレゼントには多くのくまのプーさんを見ることができます。

羽生結弦選手の集中力の秘密はプーさん?

くまのプーさんの体型は黄金比率になっており、人間に対して安定感をもたらしてくれると言われています。

また、プーさんの黄色は、集中力、判断力、記憶力を高め、気分を明るくしてくれる効果があります。

子供の頃、極端な上がり症だった羽生選手がくまのプーさんのおかげで人前で演技ができるようになったというエピソードもあるようです。

ただソチ五輪ではスポンサー以外の商業的露出を嫌う国際オリンピック委員会(IOC)の意向に配慮し、リンクにはプーさんを連れて行かなかったようです。

平昌五輪でも、プーさんの持ち込みが難しいのでは?ということで、プーさんがいないことに慣れるため、早めに離すようにしたところ、ミスが続いてしまいました。

プーさんはまた、羽生選手の応援のためにリンクサイドで演技を見守ることとなりました。
そのおかげ?なのか、世界選手権では金メダルを獲得することができたのです。



スポンサーリンク




 

しかし、本当にIOCは禁止しているのでしょうか。

 

ソチでも持ち込みを禁止していたというわけではなく、羽生選手側はIOCの意向に配慮したということです。

ファンが演技後にプーさんを投げ込むわけですから、映像にはプーさんは否応なしに映ってしまいます。

それであれば、羽生選手が演技ギリギリまでプーさんをなでていても、リンクサイドで羽生選手の演技を見守っていてもよいのではないでしょうか。

くまのプーさんがそばにいるだけで、羽生選手が落ち着いて演技ができるのであれば、そうさせてあげたいと思うのがファン心理です。日本のスケート連盟はIOCに「いいのか、悪いのか」をしっかり確認するべきだと思います。

だめなら、違う方法を考えるしかありませんが(体に身につけてしまうなど)、よいのであれば持ち込ませてあげたいではないですか。

羽生結弦選手の集中力の秘密はプーさん?

さて、羽生選手は5月26日から始まるアイスショー「ファンタジー・オン・アイス」に出演。
アイスショーに出るよりは体を休めて、来る来シーズンのために練習をしたほうがいいのではないかと素人は思ってしまいます。
特に、羽生選手は左足に爆弾を抱えているようなものです。

少しでも、回復に努めたほうがいいのではないかと考えてしまいます。
以前、インタビューでコメントしていたことがあるのですが、やはり人前で滑るということは大事だということです。

また、アイスショー後半では来季の新しいプログラムを試してみたりと、プログラムを完成するために重要な役割を果たしています。アイスショーでショートプログラムの曲も発表されました。

昨年はけがのためアイスショーは見合わせたのですが、今年は3公演出演。

くまのプーさんは一緒に行きませんが、きっと控え室でご主人様の演技を見守っているでしょう。

アイスショーも楽しみですが、来季の羽生結弦選手がけがなくシーズンを終えることができるよう、プーさんに負けじと応援したいと思います。

 

 

本田真凛ちゃんをポチッとお願いしま〜す
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村