ジュニアグランプリファイナル出場の条件

ジュニアグランプリファイナル

ジュニアグランプリファイナル出場へは

8月から10月頃にかけて世界各地で開催される

7大会のジュニアグランプリシリーズを戦います。

 

2大会に出場した選手の順位の成績を

ポイント化して総合ポイントで

上位6選手が出場できます。

 

12月に開催のシニアグランプリファイナルと

同時にジュニアグランプリファイナルが開催されます。

 

ジュニアクラスの大会としては

世界ジュニアフィギュアスケート選手権の次に来る大会とされています。


スポンサーリンク


グランプリシリーズへの出場資格は

ジュニア世界選手権の過去の結果で出場枠が与えられて

出場選手は各国の団体で決定しています。

 

また、シニアのグランプリシリーズに出場する選手は

ジュニアグランプリシリーズには出場はできません。

 

 

ジュニアグランプリ 男子ファイナル 記録

2000年から2015年までの

ジュニアグランプリファイナル

上位3選手の記録です。

イエローが日本

ブルーがロシア

ピンクがアメリカ

 

ジュニアグランプリファイナル

※クリックで拡大します(出典:ウィキペディアを加工しています)

 

ジュニアグランプリ 男子はピンク=アメリカがほとんどの

シーズンにまんべんなく勝利しています。

 

 

ここ5年間は日本、ロシア、アメリカの

三つ巴の大戦です。

 

 

高橋大輔さんや織田信成さんの

名前は3位以内にはないです。

 

 

オリンピック金メダリストの

ロシアのプルシェンコや

元世界チャンピオンのカナダの

パトリック・チャンはジュニアグランプリでは

活躍はしていないようです。

 

 

ジュニアは中国選手の名前も

述べ6選手入っているので

シニアになると伸びないのかなあと思います。

 

 

ジュニアグランプリ 女子ファイナル記録

ジュニア女子になると・・・

イエローが日本

ブルーがロシア

ピンクがアメリカ

 

グランプリファイナル

※クリックで拡大します(出典:ウィキペディアを加工しています)

 

 

圧倒的に2010年からはロシア

ロシアの独壇場と言っていいでしょう。

 

 

2001年から5年間は日本の栄華がうかがえます。

安藤美姫、浅田真央が輝いてますね。

 

 

2002年に優勝している太田 由希奈さんは

指先まで神経の行き届いた表現力、

美しさから「氷上のバレリーナ」といわれ

海外でも評価が高くて期待されましたが

 

 

右足首の故障が完治しなくて活躍できなかったようです。

現在は解説や指導にあたっているそうです。

 

 

2006年から3年間はアメリカが隆盛して

最近の6年間はロシアが強すぎ。

メドべージェワ、サハノビッチはシニアでも活躍しています。

 

2016年シーズンで日本の巻き返しに期待したいです。