浅田真央

Finlandia Trophy 2016
フィンランディア杯

女子フリースケーティング

10月8日 深夜1時25分〜



ショートプログラムの結果

1位 ポゴリラヤ ロシア 69.50

2位 浅田真央 64.87

3位 オズモンド カナダ 64.73

4位 トゥクタミシェワ ロシア 65.99

 

フリースケーティング 滑走順 19人滑走

16番滑走 トゥクタミシェワ 早朝4時2分滑走

17番滑走 オズモンド 4時10分滑走

18番滑走 浅田真央 4時18分滑走

19番滑走 ポゴリラヤ 4時26分滑走

 

浅田真央初戦 フィンランディア杯 FS順位はコチラ

↓↓↓↓↓↓

スポンサーリンク

フィンランディア杯 女子フリー・FS 公式スコア▶

フィンランディア杯 女子トータル・Result 公式スコア▶

 

 

浅田真央2016初戦【VSトゥクタミシェワ】フィンランディア杯SP

 



トゥクタミシェワ フィンランディア杯 フリー・FS 動画

FS 102.60 トータル 165.59




オズモンド フィンランディア杯 フリー・FS 動画

FS 122.54 トータル187.27




浅田真央 フィンランディア杯 フリー・FS 動画

FS 121.29 トータル 186.16




ポゴリラヤ フィンランディア杯 フリー・FS 動画

FS 113.30 トータル182.80




 

 

 

 

 

 

フィンランディア杯ショートプログラムの結果

浅田真央選手は無難にまとめて

2位発進でした。

 

浅田真央選手のSPでの得点は

64.87

 

この得点は2015年12月の全日本のときの

62.03よりも良い数字ですが

浅田真央選手のSPパーソナルベスト

78.66

と比べると、10点以上、少ない得点になります。

 

2015年のショートプログラムでの最高点は

グランプリシリーズ中国杯での

71.73でした。

 

 

フリー・FSのパーソナルベストは

ソチ・オリンピックでの

142.71になります。

2015年は141.70を出しています。

 

トリプルアクセルは封印しましたね。

 

 

フィンランディア杯で首位にたったロシアの

ポゴリラヤは18歳 ジャパンオープン2016で

フリースケーティングを滑走してから

一週間も経過していませんが

69.50で首位

 

 

フリー・FSのパーソナルベストは

ジャパンオープンで出した

139.71になります。

 

ジャパンオープン2016 動画

 

 

 

フィンランディア杯2015優勝で

2連覇のかかったトゥクタミシェワは

4位発進

62.99

 

9月のネーベルホルン杯でのフリー・FSは

120.73と精彩を欠きました。

トゥクタミシェワ ネーベルホルン杯FS

 

フィンランディア杯のSPでも切れ、

スピード感がないです。トリプルアクセルは

もう、跳べないのではないでしょうか。

 

浅田真央選手の本番

グランプリシリーズは

101月21〜23のアメリカ杯・スケートアメリカと

11月11〜13のフランス杯に

エントリーしています。

 

 

アメリカ杯にはロシアからはフィンランディア杯にも出場している

サハノヴィッチと

リプニツカヤがエントリーしています。

 

 

フランス杯にはロシアから

レオノワ25歳のベテランと強敵

メドベージュワ、ソツコワがエントリーしています。

フィンランディア杯 フリー・FS 滑走順

浅田真央出典 figureskatingresults.fi

 

フィギュアスケートのフィンランディア杯は7日(日本時間8日)、フィンランドのエスポーで女子フリーが行われ、SP2位の浅田真央(26=中京大)は121・29点。合計186・16点で2位だった。

SPと同じ「リチュアルダンス」に乗せて舞った真央。「静けさの黒」のSPに対し、「情熱の赤」の衣装で優雅な演技を披露した。

SP3位のケイトリン・オズモンド(カナダ)が187・27点で優勝。SP1位のアンナ・ポゴリラヤ(ロシア)は182・80点で3位だった。

浅田真央2016初戦【VSトゥクタミシェワ】フィンランディア杯SP

 

フィギュアスケート グランプリシリーズ2016 日程

第1回 スケートアメリカ2016 10月21日~23日

  • 男子:村上大介 宇野昌磨
  • 女子:浅田真央 三原舞依 村上佳菜子



第2回 スケートカナダ2016 10月28日~30日

  • 男子:羽生結弦 無良崇人
  • 女子:本郷理華 宮原知子 永井優香

 



第3回 ロステレコムカップ2016 11月4日~6日



第4回 トロフィーフランス2016 11月11日~13日



第5回 中国杯 11月18日~20日



第6回 NHK杯 2016 11月25日~27日



ISUグランプリファイナル2016(GPF) 12月8日~1日

開催地:フランス・マルセイユ


グランプリシリーズ2016関連記事はコチラ